【揚げ物編】知って得する干し野菜

田舎暮らしで育てている野菜 - おススメの食べ方 - 田舎暮らしで育てている野菜 - 大量野菜保存方法 - 食品乾燥機
【揚げ物編】知って得する干し野菜

先日お伝えした通り、野菜を干すことで調理時間が短くなります。

 

 

野菜の中に含まれていた水分が少なくなってしまったので、
火も通りやすくなったのでしょうね。

 

こちらの記事もご一緒にどうぞ




 

スポンサードリンク



 

まずは茄子。茄子の素揚げレシピ。

 

 

inaka-wineryhills_201607_0702

 

干して乾燥してしまった茄子は紫色がすっかり色あせてしまいます。
180度に熱した油の入った鍋に入れて10秒。
パッと・・・鮮やかな茄子紺色に変わります。
油通し程度の手間で素揚げが完成。

これならば、夏場に揚げ物をしてもいいかもね。

 

お好み野菜のかき揚レシピ。

 

inaka-wineryhills_201608_23

 

少しずつ残ってしまった野菜たち。
夏場の日差しの中に置いてみましょう。
今日の野菜はかぼちゃ、にんじん、ごぼう、なすはいかが?
それとも、きゃべつにきゅうり、セロリも入れてみる?

 

 

天日に4時間弱干した後、かき揚にしてみましょう。
水分が少なくなった乾燥野菜なので、油はねの原因となるのはてんぷら液だけ。
乾燥野菜に小麦粉をふり、そこに冷水を注ぎいれて、
てんぷら液は少な目に。
170度の揚げ油の中にそっといれて、泡が小さくなった60秒後には完成。

空腹時間は短時間で済みますね。

 

 

夏場は野菜が早く乾燥するけれど・・・冬場はできないよね・・・という方!

食品乾燥機があります!

購入を考えてみませんか?

 

食品乾燥機の購入を検討する
 
我が家はせっかくつくった無農薬野菜たちを無駄なく使い切るために、食品乾燥機を購入しました。
 







関連記事
コメント
コメント投稿

お名前

サイトアドレス

コメント

トラックバック
トラックバックURL