そうだ!長野に行こう!仕事帰りでも向かえる二地域居住地。

田舎暮らしはどこで始める? - 我が家の田舎暮らし計画
そうだ!長野に行こう!仕事帰りでも向かえる二地域居住地。

そうだ!長野に行こう!仕事帰りでも向かえる二地域居住地。

今回は、新幹線ではなく、高速バスで行くことにしました。
高速バスで行けることはわかっていたのですが、
つい昼間の安い料金ばかり情報が入ってきていて、
会社帰りでバスも可能ということを、つい最近知ったのでした。

 

こちらの記事もご一緒にどうぞ




 

 

スポンサードリンク



 

最寄りのターミナル駅まで30分圏内だった。

極端な田舎に住居を構えているわけではないので、
新幹線のターミナル駅まで車で30分もあれば迎えに来てもらえます。

調べると、バスの停留所も車で10分前後のところにあるので、
タクシーを拾っても2000円前後で田舎暮らし地には到着できました。
それでもやっぱり交通費は片道2600円かかる。

 

 

新幹線と比べると半額にはなりますが、
通常運行だと2600円ですね。

平日昼間だと、便によっては1500円と、なんともリーズナブルな高速バス便があります。
さすがに、平日昼間は仕事をしていますので、
なかなかそのような便に乗れる機会はないです。

 

今回の手土産は3種類のパイ。

 

新宿駅構内で購入した神戸牛のミートパイを持参。

 

 

 

チリトマトパイ、

 

2016-12-25_14-05-02

 

アップルパイと、ミートパイ。

 

2016-12-25_14-04-06

 

どれも中身がしっかり入っていて、

美味しく食べさせていただきました。

 







関連記事
コメント
コメント投稿

お名前

サイトアドレス

コメント

トラックバック
トラックバックURL