田舎暮らしのデメリットを考えてみよう。車がないと大変です。

田舎暮らしはどこで始める?
田舎暮らしのデメリットを考えてみよう。車がないと大変です。

田舎暮らしのデメリットを考えてみよう。車がないと大変です。

 

 

田舎暮らしを考えているあなた、自動車運転免許はお持ちですか?
自動車運転免許がお持ちでないならば、田舎暮らしを行うには少々困難です。

 

 

少々困難と告げたのには理由があります。

 

 

田舎暮らしを支えるのに車が必要な理由。
田舎は交通の便が悪いです。

 

dscf0433_tp_v
都会と異なり、一定の時間間隔でバスがくるということはありません。
買い物を行うときはタクシーを頼むか、車を持っているご近所の方にお願いするしかありません。
タクシーを使うにしても、遠方ですと料金がかかってしまいますし、田舎にはタクシーの利便性はあまりないので、タクシーの台数も都会と比べると格段に少ないです。

 
住民票が田舎暮らしをする土地にあれば、自治体経由で乗り合いのバスを頼んで送迎をする方法もあるかもしれません。

 

 

 

こちらの記事もご一緒にどうぞ




 

スポンサードリンク



 

車がないと、買い物意外にも不便なことがある。

 

 

実は買い物だけでなく、仕事場に行くのも困難です。

 
コンビニに行くのも車が必要ですし、病院や、自治体の役場、学校・・・
都会ではすぐに目に入る飲み物は煙草の自動販売機も田舎ではそんなにありません。

 

 
ゴミ捨て場所も・・・歩いて800メートル先にあるという状況のケースもあり、ゴミ捨てにすら車を使用する人も中にはいらっしゃいます。

 

 

 

田舎暮らしをするには車の維持費も計算しておかないといけない。

車を維持するのは大変です。

 

 

燃料であるガソリン代もかかりますし、車を止めるために駐車場代もかかります。

 

 
また、雪が降る地域においての田舎暮らしとなると、夏タイヤと言われるノーマルタイヤだけでなく、冬タイヤと言われるスタッドレスタイヤ、タイヤのチェーンの準備も必要となります。

 

 

 

建物が周りにないところで田舎暮らしを始めようと考えている方は、自動車運転免許を持っている事、車の運転が日常的にできることが可能な条件となります。

 

 
なかなかハードルが高いですね。

 

 

 

都会では車を駐車場代、保険等の維持費とうが高いためで手放す人が多い時期がありました。

 

 

実際、車が無くてもバスや電車で交通網が発達しているため、車を保持しなくても生活は成り立つのです。

 

pak86_koutuujyuutai20130815_tp_v
歩いていける範囲内で買い物する場所がありますし、買い物する店の近辺にバスが通っているというケースも多いです。

 

 

 

田舎暮らしでは車に頼る生活が必須となり、都会では車を持たない生活の方が金銭的には必須となります。

 

 
実際に車がないと田舎暮らしの生活はできないのでしょうか。

 

 

 

田舎暮らしをする地域によって車が必須にならないこともある。

 

 

 

田舎暮らしという言葉が様々な想像を掻き立て、田んぼの中の一軒家と定義してしまいがちです。

 

%e5%85%ab%e3%83%b6%e5%b2%b3inaka-wineryhills_201612_02
回りに何も建物がない暮らしに憧れますか?

 

 
回りに建物がないことが条件という田舎暮らしというならば、車はやはり所持した方がよいでしょう。

 

 

 

回りに建物があり、適度な距離感でご近所付き合いをすることも楽しみとするならば、少し栄えている地域で田舎暮らしを始めることが良いと思います。

 

 
道路にアップダウンはあるものの、徒歩でコンビニにいける場所、徒歩で最寄りの電車駅にいける場所・・・

 

 
歩いてでも生活が成り立つ場所で田舎暮らしを始めるのであれば、レンタカーを併用して利用する事をお勧めします。

田舎暮らし地で生活する期間のうち、買い出しにいく数日間、レンタカーを利用するのです。

 

 
例えば、都会からレンタカーを借り、田舎暮らし地に到着後、買い出しやレジャーに数日間借りて、近くのレンタカー屋に返却する。
レンタカー屋から田舎暮らし地まで電車やタクシーを使わなくてはならないかもしれませんが、車を維持する費用を考えたら、レンタカーを借りた方が年間で考えると安くなる可能性があります。
それに、いつまでも車を運転できる判断力と体力があるのが望ましいですが、人間も年をとります。

 

pp_amenooudanhodou-thumb-autox1600-12734
いつかは車を運転できなくなる日がくるのです。

 

 

 

田舎暮らしを始める年齢を踏まえ、いつまで車を自分で運転できるのか。
車に頼らない田舎暮らしができるような土地を探すことにこだわるのも選択のひとつですね。

 

 

 

 







関連記事