ブルーベリー狩りの時期はいつ。もちろん長野県の道の駅にも大量に並べられています。

10年diary - 田舎暮らし 夏

7月中旬から下旬にかけて長野ではブルーベリーの収穫が行われます。もちろん道の駅にも大量に並べられています。

 

我が家にもブルーベリーの苗を昨年秋に植えました。
3月ごろ、温泉で知り合ったおばさんにいっぱいなる方法を教えてもらい、植え替えをしました。
我が家の庭にもブルーベリーができましたが、まだ色づいていません。
でも、道の駅で販売しているブルーベリーがあまりにもおいしそうだったので購入してみました。

 

 

 


 

 

スポンサードリンク



 

ブルーベリーの価格はだいたい200円から販売しています。

長野県も広いので、場所によっては8月までブルーベリーの販売をしているところがあるかと思います。
田舎暮らし地周辺の道の駅では今がブルーベリーの販売時期のようです。
大粒のブルーベリーがだいたい200グラム近く入って200円で販売されています。

 

首都圏で販売されているものと金額的にはあまり変わらない気がしますが、やはり収穫したてなので、ブルーベリーの実の周りに白い粉のようなものがついています。
新鮮という証拠ですね。

 

大きさをミニトマト(アイコ)と比較してみる。結構大きい。
ブルーベリーに粒が大きいですね。
甘味もありますが、桃のように口に残るという強い甘さではありません。

 

場所によってはブルーベリー狩りができるところもある。

 

我が家にブルーベリーの木が植わっているので、あまり好奇心がわかないのか、ブルーベリー狩りをしに行こうという話が出てきません。
一番近いブルーベリー狩りができる場所は松井農園です。
うん・・・
道路を走らせていると看板見かけたことがあります。

 

この松井農園には18種類のブルーべり―が植えられているようです。

毎年の天候により、収穫時期と生育量が変動するようですが、だいたい、7月上旬から8月上旬までブルーベリー狩りが楽しめるようですね。

 

標高1000メートルの農園ですので、天気の急変にもご注意。
日差しが強いので、帽子や日焼け止めは必ずしておいた方がよさそうです。
また、水分もいつの間にか足りていない状態になりますので、意識して水分補給に努めてくださいね。

 

どうやら、ブルーベリー狩りの敷地内にカブトムシの一緒にいるようです。
ブルーベリー狩りとカブトムシ狩りが一緒に楽しめる料金設定になっています。
ブルーベリー狩りで満腹になって飽きてしまったお子様にはカブトムシで遊んでいてもらえるという流れが出来ていますね。
ただし、虫が苦手な奥様方にはちょっと内心穏やかではない雰囲気が漂いますが・・・

 

松井農園の営業時間を調べてみました。

詳細は松井農園のHPにて記載されています。
時期によってはブルーベリーの収穫が終わってしまっていることもありますので、確認が必要な方は必ず連絡する方がよいですね。

開園期間
7月上旬~8月上旬(毎年の天候により変動があります。)
開園時間
9時~17時(季節によって変動があります。)
料金
食べ放題(税込価格):小学生以上800円 3歳~5歳700円 3歳未満無料
お土産持ち帰り:小パック(約100g)500円、中バック(約170g)800円、大バック(約200g)900円
カブトムシお持ち帰り(税込価格):オス1匹300円、メス1匹200円、虫かご1かご300円
連絡先
TEL0267-22-0881 フリーダイヤル0120-27-0881
住所
長野県小諸市松井甲4385
アクセス
電車で:JR『小諸駅』よりJRバス高峰高原行・水源地行・軽石行に乗車
『りんごの里松井』にて下車。徒歩1分の距離です。
車で:上信越道小諸ICから国道18号より10分程度 駐車場完備

 

 

 

 







関連記事