田舎暮らし、二地域居住を夢見ていたのが、10年越しに実現しました。現在、信州長野で家庭菜園で無農薬野菜の収穫と、長野観光を楽しんでいます。

ワイナリーの見える丘で田舎暮らし〜10年越しの夢叶えました〜

実行!田舎暮らし

各年度の収穫物とくらしをブログ形式でお届けします。




 

※ただいまわかりやすいブログになるよう準備中です。

2016年無農薬農園

 

2017年のくらし

 




 

 

2016年度

きゅうり

 

植え付け時期は5月のGW直後でした。

実際、近所の方には『まだ早い』と言われたそうです。

もっときゅうりの収穫を望むならば、7月ごろに追加で苗を植えることもひとつの手段とのことです。
でも、収穫量が伸びるかどうかは天候次第で一種の賭けとのことです。

 

2016年きゅうりの植え付け・収穫カレンダー

 

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
収穫
枯れる

きゅうりの収穫記事についてはこちら⇒きゅうりの植え付け・収穫について

 

 

 

トマト

 

ミニトマト

 

 




 

茄子(米なす含む)

 

ブロッコリー(スティックブロッコリー含む)

 

じゃがいも(男爵・メークイン)

 

 

2016年、植え付け時期は5月のGWの前に植えました。
3月末頃に土をかき回して肥料を入れ、土の中に入っている石をとったりしていました。
ちょっと記憶があいまいになってきていますが。
4月下旬には植え付けを行ったようです。
植えたのはメークイン:男爵:きたあかりが8:1:1。
きたあかりは今回たねいもを購入しました。

 

2016年じゃがいもの植え付け・収穫カレンダー

 

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
収穫
枯れる

じゃがいもの収穫記事についてはこちら⇒じゃがいもの植え付け・収穫について

 




 

 

人参(にんじんの葉含む)

 

2016年、5月のGW連休後ににんじんの種を蒔きました。

でも収穫できる大きさになったのは10月になってからでした。
にんじんの株を大きくするために間引きを行い、都度サラダとして食べていたようです。
にんじんの葉の部分も食用として食べられます。

 

2016年にんじんの植え付け・収穫カレンダー

 

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
種まき
収穫
枯れる

 

にんじんの収穫記事についてはこちら⇒にんじんの植え付け・収穫について

 

ししとう

 

甘唐辛子

 

 




 

ピーマン

 

キャベツ

 

 

白菜

 




 

 

はやとうり

 

いんげん

 

みょうが

 

 




 

夕顔(かんぴょう)

 

かぼちゃ

 

はつか大根(二十日大根)

 

 




 

ほうれん草

 

ズッキーニ

 

スイカ

 

 




 

 

コリンキー

2016年、母曰く、『何かの種から芽が出てきていて、何になるのかわからなかったからそのままにしておいた』と、言って実ったのがコリンキーでした。
生ゴミをそのまま植えると畑というものは何かが出てくるものなのです・・・多分。

 

2016年コリンキーの植え付け・収穫カレンダー

 

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
収穫
枯れる

コリンキーの収穫記事についてはこちら⇒コリンキーの植え付け・収穫について

むかご

 

バジル

 

 




 

かぶ

 

大根

 

 

つくし

 

 

 

元々農業を行うような土地ではなかったということもあり、つくし畑化していました。
夏場も畑のあちらこちらにスギナが出ていました。

 

 

 

3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
植え付け
収穫
枯れる
(スギナ)

 

つくしの収穫記事についてはこちら⇒つくしの植え付け・収穫について

 

 




 




 

 

ご近所販売しました。

8月16日の野菜販売⇒1,300円

 

 

9月10日の野菜販売⇒500円

 

8月16日以前に一度、販売したそうですが、記録がありません。

2016年の売上としては3,000円未満です。

それでも野菜の苗代にはなりますので嬉しいですね。

 




 

 

更新日:

Copyright© ワイナリーの見える丘で田舎暮らし〜10年越しの夢叶えました〜 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.