タグ:ふるさと納税

記事一覧

12月23日。クリスマス前に田舎暮らし地へ。牡蠣パーティーを今年も開催。

10年diary - 10年diary - 田舎暮らし 冬

 

いつも通り22日の夜、首都圏を出発。
今年は寒いですね。
昨年は12月でもそんなに寒くなかったので、下仁田で高速を降りて、内山峠を越えて田舎暮らし地に向かっていたのですが、既に12月の上旬の昼間でも内山峠では道路が凍結しているので、今回は軽井沢で降りることに。
わずかでも高速代をけちる作戦です。

 

 

 


 




 

 

朝ごはんは簡単に。たまごだれの茹でたままのうどんをいただきました。

 

inaka-wineryhills_20171223_01

 

昨晩到着したばかりですし・・・手間暇かからない朝ごはん。
田舎暮らし地周辺でよく食べられるさばみそ缶を開けて食べました。

 

inaka-wineryhills_20171223_02

 

この地域では、鯖缶をいれた味噌汁や、サバカレーを食べるようです。
鯖缶が安売りしているときに、ご近所さんになんで安いのか聞いてみたところ、なんにでも使えるということだったのでそのまま缶を開けて食べるのかと思っていました。
まさか、そんな使い方をするとは思わなかったです。

 

クリスマス前なのに・・・すでにお正月モードが漂う玄関前。

 

inaka-wineryhills_20171223_04

 

12月上旬から準備していたため、既に玄関前は門松が飾られていました。
実は、田舎暮らしのこの地では門松って飾らないみたいなのですよね。
昔は雪が降っていて積もっているから飾れなかったのか・・・
それともそのような風習が伝わっていないのか・・・

 

玄関飾りも細いしめ縄を縦に飾るようですし・・・
地域によってお正月飾りもそれぞれ異なるんですよね。

 

inaka-wineryhills_20171223_03

 

田舎暮らし地で育てている千両も寒いためか葉が色鮮やかな赤色に変化しています。

 

他の植物の風景。

 

inaka-wineryhills_20171223_05

 

今年は寒いので・・・冬越しさせるために藁を巻いておきます。
それでも寒そうです。

 

inaka-wineryhills_20171223_06

 

実がついている植物はそのまま枯れても植えたままにしておきます。
来年、こぼれた種から芽が出て育ってくれることを期待しているのです。

 

今年も頼みました、ふるさと納税。5000円分の殻つき牡蠣です。

 

毎年どこかで殻付き牡蠣をふるさと納税で頼んでいます。
殻付き牡蠣、おいしいですよね。

 

いつもは10000円分の牡蠣を依頼しているのですが、今回は5000円分にしました。
牡蠣の大きさがMサイズからSサイズになり、数量も25個から30個前後入っていましたが、20個前後と少なくなります。

 

今回数量を少なくしたのは牡蠣を食べるのが二人だけ。
量が多いと二日目も食べなくてはなりません。
二日目も牡蠣をホットプレートで焼くと言う、同じ食べ方とは異なる食べ方をしたくなるので、必然的に牡蠣を殻から外さねばなりません。
それが面倒というのが主な理由です。

 

昨年は広田湾、今年は糸島の牡蠣。

 

昨年と異なる場所の牡蠣を頼みました。
5000円分の牡蠣を頼めて、日付希望が出来たのが楽天のふるさと納税でした。
なので、糸島の牡蠣が届くことになりました。

 

糸島の牡蠣も美味しいですが、何よりも牡蠣の殻がとてもきれいになっていたことが嬉しかったですね。
昨年頼んだ広田湾の牡蠣も美味しかったです。

 

でも、牡蠣の殻にフジツボが付いていたり、海藻っぽいのが生えていたり・・・
海産物ですから当たり前と言えば当たり前ですが、糸島の牡蠣殻はそのようなものが全くありませんでした。

 

一度、箱詰めする前に、牡蠣殻を清掃しているんですね。きっと。
ホットプレートで焼いているときも、プレート内にゴミが出てこないので、使用後のプレート洗いがとてもらくちんでした。

 

小さな気使いかもしれませんが、とても購入者としては嬉しいことでした。

 

夕飯は牡蠣のホットプレート蒸し焼きとしゃぶしゃぶ。

 

inaka-wineryhills_20171223_07

 

inaka-wineryhills_20171223_08

 

アラジンヒーターの上でしゃぶしゃぶ。
冬だからできる荒業です。

 

 

 

Sponsored Link






クリスマスの牡蠣パーティー。生よりも焼きで食べます。

田舎暮らしで育てている野菜 - おススメの食べ方

クリスマスの牡蠣パーティー。生よりも焼きで食べます。

 

 

今回は岩手県陸前高田、広田湾の牡蠣をいただきました。
 

今回使ったふるさと納税の会社はこちら
陸前高田市の広田湾の殻付き牡蠣です!
>>ふるさと納税サイト「ふるなび」<<     2017-01-04_07-33-11

 

こちらの記事もご一緒にどうぞ




 

スポンサードリンク



 

ノロウィルスが猛威を振るう石巻市

 

2017-01-04_07-34-19

 

この頃、石巻市では牡蠣の中からノロウィルスが発見され、出荷停止となっていました。
一瞬、我が家の頼んだ牡蠣はどうなるんだ?と、焦ってメールが来ていないか確認をしていました。
無事牡蠣が出荷されたメールを見て、ホッとしたのを覚えています。

 

 

 

生牡蠣だけではなく、軍手と、牡蠣ナイフが付いてきました。

 

 

4年前に頼んだ殻付き牡蠣には牡蠣ナイフは付いていなかったのですが、最近の殻付き牡蠣には牡蠣ナイフが付いてくるようになっています。
牡蠣ナイフの本数がだんだん増えていくので、一定量になったら、『軍手だけお願いします』と備考欄に書いてみようかとも思う。
あ・・・古いナイフから捨てていけばいいのか・・・
それもエコではないような気もするのだが・・・
悩みますなぁ・・・

 

同梱チラシにはこう書いてある。『なるべく加熱して食べられることをお勧めいたします』

■牡蠣を食べる際の注意点■
今回お届けする牡蠣に関して、ノロウィルスの検査をした結果、「陰性」ということでしたが、必ずしもノロウィルスが発症しないとは限りません。個人の体調や免疫力等によって、発症する可能性がございますので、なるべく加熱して食べられることをお勧めいたします。加熱する際は食品の中心温度85度以上で1分間以上の加熱を行えば感染性がなくなるといわれています。
調理を行う前、食事の前、トイレに行った後など必ず手洗いをしてください。石鹸自体にノロウィルスを直接失活化する効果はありませんが、手の脂肪等の汚れを落とすことにより、ウィルスは手指から剥がれやすくする効果があります。

 

調理器具等は洗剤などを使用し十分洗浄した後、次亜塩素酸ナトリウム(塩素系の漂白剤)で浸すように拭くか、熱湯(85度以上)で1分の加熱が有効です。

こちらも細心の注意を図りお届けしておりますが、皆様のご協力の元、美味しく楽しく食べていただければと思います。

情報元:厚生労働省

 

2017-01-04_07-36-26

 

とても丁寧に記載されていますね。
生産者の『美味しく楽しく食べて欲しい』という気持ちが伝わります。

 

 

 

もちろん、おススメの食べ方の焼きで食べます。

 

 

以前、生ではなく焼きで食べてとても美味しかったので、今回も焼きで食べます。
どう美味しいかというと、牡蠣の甘みが濃縮されるのですね。
海水の塩味も残っているので、醤油を垂らさなくても十分食べられます。

あとは、何と言っても手間ですかね。
生で食べるには牡蠣の殻を強引に開けなくてはなりません。
それがなかなか厄介。
軍手は冷たくなるし、牡蠣の殻鋭く、尖っているので手のひらに無数の傷をつけるのです。
食べるまでに牡蠣殻開けに3分は時間をかけなくてはならず、食べる時には正直疲れてしまって、楽しむ余裕がなくなっています。

今回は生で食べるのは各自一つずつ。

 

2017-01-04_07-35-29

 

生でもいただきました。
のどごしが良い!
薄い海水の塩味でいただきました。

 

2017-01-03_06-18-48

 

残りは全部焼き!

 

2017-01-04_07-37-26

 

ホットプレートに並べて焼きます。
蓋をして蒸し焼きにするのですが、蓋がうまく閉まらず。。。

最後はアルミホイルで蓋をして焼いていました。
牡蠣とアルミホイルの蓋の間の空間が小さくなったので、熱効率が良くなりホットプレートの蓋を使うよりは早く焼けました。

 

2017-01-03_06-17-46

 

牡蠣の口が開いたら食べれます。

 

2017-01-03_06-19-49

 

だいたい、牡蠣の口が開いたら食べれますが、たまに開かない時もあります。
その時は牡蠣の殻の色を見てみましょう。
表面が緑色になっていたら身も加熱されていました。

 

 

今回の副菜はこちら。

 

2017-01-03_06-16-45

 

ホットプレートの端で焼こうと考えていた野菜たち。
結局、フライパンで焼いて食卓に並びました。

玉ねぎと、しいたけと、ブロッコリーの花の部分です。
ブロッコリーだけは自家製ですね。

 

出典:今回ふるさと納税した陸前高田 広田湾の牡蠣

 







レッツふるさと納税!三陸殻付牡蠣が届いたよ!

田舎暮らしで育てている野菜 - おススメの食べ方

レッツふるさと納税!三陸殻付牡蠣が届いたよ!

 

 

ふるさと納税の納税記念品、送付先変更できることはご存知でしたか。
今回、居住しているところではなく、田舎暮らし地に送付を依頼しました。
 

今回使ったふるさと納税の会社はこちら
陸前高田市の広田湾の殻付き牡蠣です!
>>ふるさと納税サイト「ふるなび」<<    

こちらの記事もご一緒にどうぞ




 

 

スポンサードリンク



日付指定が可能な殻付牡蠣を選択。

 

 

昨年も殻付牡蠣を購入していました。
ふるさと納税を行うメリットは記念品があるところ。
しかし、デメリットとして、産直食品がいつ送られてくるのか‥‥……
納税依頼者側がコントロール出来ないことが、個人的にはネックでした。

 

 

今回、日付指定送付を利用させていただき、更に送付先を変更することにより、『クリスマスに牡蠣パーティ』を行うことが出来ました。

 

2016-12-30_08-04-14

 

使い方によってはとても便利なふるさと納税。
あなたはふるさと納税を利用したことがありますか?