• スティックブロッコリー

タグ:スティックブロッコリー

記事一覧

田舎暮らし地で取れた食材が並ぶ、ある日の夕御飯

2017年無農薬農業。長野で田舎暮らし、二地域居住中。

田舎暮らし地で取れた食材が並ぶ、ある日の夕御飯

 

 

この日の料理食材は田舎暮らし地で収穫された食材と、加工された食材が並ぶ日となりました。

 

 

 

こちらの記事もご一緒にどうぞ




 

スポンサードリンク



 

まずはブロッコリー。

 

 

スティックブロッコリーなので、塩ゆでです。
ブロッコリー自体、色が変われば食べられる簡単調理食材ですよね。

 

スティックブロッコリーinaka-wineryhills_201701_20
逆に、茹ですぎると色合いが濃い緑となりますし、はごたえがなくなります。
加熱しすぎには気を付けてくださいね。

 

 

次は糠漬けたくわん。

 

 

普通の大根を、田舎暮らし地で数日間干し、干し大根にしました。
そこから塩と糠が入った漬け物樽にいれてつけます。

 

糠漬けたくわんinaka-wineryhills_201701_20
今回は樽の底にあった大根のぬか漬けを都心部に持ってきました。
都心の暖かさで発酵がすすみ、食べれるようになりました。

 

 

ベーコンポテト。

 

 

ポテト→じゃがいもは初夏に収穫したじゃがいもです。
メークインが多かったですね。

 

ベーコンポテトinaka-wineryhills_201701_20
このメークインたちを使ってベーコンポテトを作りました。

じゃがいもは優秀です。
そろそろ5ヶ月になりそうですが、じゃがいもだけは自前で賄えています。

 

 

 







12月22日の収穫物。久々のブロッコリー。

2016年無農薬農業。長野で田舎暮らし、二地域居住中。

12月22日の収穫物。久々のブロッコリー。

 

 

少し暖かくなるとブロッコリーの花芽のところだけ摘芯したものです。

 

こちらの記事もご一緒にどうぞ




 

 

スポンサードリンク



 

野菜が取れなくなる時期に嬉しい緑の色。

 

わずかでも収穫があるのは嬉しいです。
成長は遅いですが、日差しがあまり強くもないので、
花芽はとても柔らかいです。

 

2016-12-30_08-27-11

近所のスーパーにはよく見かける大きさのブロッコリーが売っていますが、
自分はこちらのようなスティックブロッコリーの方が好きですね。

 

 







5月の連休後に行ったときに植えたブロッコリーの苗が成長しました!

2016年無農薬農業。長野で田舎暮らし、二地域居住中。

5月の連休後に行ったときに植えたブロッコリーの苗が成長しました!

 

まだ5月の連休時期は肌寒かったのですね。
都心部では日差しが暑すぎると半袖の人が出没するぐらいなのですが、田舎暮らし地では山からさわやかな冷たい風が吹いてくるので、日差しが強くても半袖にはまだなれないです。
5月の終わりには都心部に戻らなくてはならない予定があるので、少し早いですが苗を植えたようです。
まぁ、苗を植えてしまえば、あとはほったらかしです。
プランターに苗を植えるのであれば水を3日に1回ぐらいあげないとダメかもしれませんが、地面に直植えですからあまり水やりの心配はしなくてもよさそうです。
あまりにカラカラの天気の時は、多分ご近所さんが水を撒いてくれるでしょう。

 

こちらの記事もご一緒にどうぞ

 

 

 

ブロッコリーの葉が大きくなりました。

 

まだ、食べれるところまでは到達していないけれど、
手のひらサイズのブロッコリーの葉。

 

 

inaka-wineryhills_201606_12

 

 

・・・これって人間は食べれるのですかね?
煮込み料理ならば食べれそうな気がするのですが・・・
こんなに立派なんですけれど。
やっぱりブロッコリーの葉が好きなうさぎさんに、
あげたほうがよいのでしょうか?

 
スポンサードリンク



 

ところで何を植えましたか?

 

5月の連休後に植えた野菜は、
キャベツ、

ブロッコリー、
トマト、

ナス、
ピーマン、

きゅうり、
ししとう、
かぼちゃ、

すいか、

ゆうがお、
きくいも。

 

 

 

そしてなんと・・・
生ゴミと共に土に埋めたところから芽が・・・
なんの種が発芽したんですかね?
どうやらかぼちゃっぽい葉っぱみたいですが、
単なるつる科の植物だったりして。
畑の真ん中じゃ日よけにならないですよね。

 

 

いっぱい植えた野菜たちがいつから収穫できるようになるのかとても楽しみですね。
そして、何を一番初めに収穫できるのかも楽しみです。