タグ:二地域生活

記事一覧

田舎暮らしを始める前に考えてみよう。あなたは何処に住んでみたい?

田舎暮らしはどこで始める? - 我が家の田舎暮らし計画 - 田舎暮らしはどこで始める?

 

田舎暮らしはゼイタク品?そんなことはないと思いますよ!

 

MARSEIRYUSYOKUBUTU_TP_V

 

言葉としては【田舎暮らし】【二地域居住】。
ぼんやり将来は行ってみたいと思われている方、
どこから準備していいのかわからず、
夢のままでいいと思われている方。

手順としてはこのような流れで行いました。

 

 

こちらの記事もご一緒にどうぞ




 

スポンサードリンク



 

 

1.どこに住む?

 

田舎暮らしと言っても、
単純に別荘として寝泊まりするだけか、
別荘を拠点にしてさらに遠出を行う為の布石にするのか・・・

 

いやいや、
もう、あちこち旅行行くのは費用もかかるし、
観光地で混むので、
週末気分を変えたいから別荘に行きたいんだ。

 

さまざまな考えがありますよね。

 

とりあえず、
優先順位をつけましょう。
多すぎても迷いますので、
譲れないと思う5つを書きだしてみましょう。

 

pak96_iroenpitu1278_tp_v

 

母の優先順位は想像ですがこんな感じでした。

 

1.農業ができるところ
2.敷地内に畑があるところ
3.日帰りできるところ
4.電車でもいけるところ
5.春夏秋は滞在して、冬は都心部で生活

 

 

 

そんなことを言いつつ、

 

何故か1年目は夏場ほぼ都心部にいましたが・・・

 

 

自由にできるのもいいところですね。

ここには山が見えるとか海で遊ぶということも、
優先したいと思うなら書いてください。

 

書くことで頭の中が整理されますし、
どこで田舎暮らしをしたいのかがおぼろげですが、
徐々に形になっていくはずです。

 

では、母が希望した田舎暮らしの優先順位を、
ひとつひとつ説明していきましょう。

 

【1.農業ができるところ】

 

首都圏近郊に住んでいるのであれば、
現在ビルの屋上でも賃貸農園を行っているので利用は可能です。

 

26nj_g-matitosorawomiwatasu_1_tp_v

 

居住する自治体でも、空いている空地を1区画3000円前後で、
農地として貸出しています。

なぜ、それらを利用しないのか。

長期間借りれないことと、
そこに肥料等持って行くのが大変。

 

そう、【2.敷地内に畑があるところ】に繋がる理由です。

 

【2.敷地内に畑があるところ】

 

畑との近居を願っていた母。
現在、畑として使っている土地は、
畑というにはちょっとふさわしくない場所。
なぜなら、畑の中に手のひらサイズの石がゴロゴロありましたし、
土が何よりも硬かった。

 

tsu18_shinme_tp_v

 

本当にそこを耕すの?と、不動産屋にも言われたそうです。
不動産屋経由で農地を借りることも可能でしたが、
(地域価格としてだいたい10,000円/年ほどです)
硬い土を機械で3回ほど耕してもらい、
柔らかくしてもらいました。
その手配は不動産屋経由で依頼しています。

 

疲れたらすぐに部屋の中に入れる。
朝と、夕方畑に出て、
昼間の日が高い時間は昼寝ができる。

それが近居農の良いところです。

 

【3.日帰りできるところ】

 

遠すぎると行くのに億劫になってしまいます。
また、元気にしているとはいえ、リタイヤ世代の母。
疲れは3日目から出てきます。
道路が空いていれば3時間から4時間で行ける場所ならば、
外食して、日帰り温泉につかって、別荘で寝る!
そんな初日を迎えてもOKなのです。

 

pak86_koutuujyuutai20130815_tp_v

 

ガチガチに考えた上での田舎暮らしは疲れてしまいます。
田舎暮らしだから、山の中の一軒家に住まないと田舎じゃない!
そんな理屈もごもっともですが、
疲れてしまう田舎暮らしはストレスになります。
楽しい暮らしを続けられるようなスタンスで行きましょう。

 

【4.電車でもいけるところ】

 

人間歳をとります。
今は快活に車を運転している母ですが、
20年後は車を運転しているかわかりません。
また、子供であるsakuも送迎ができればいいですが、
毎回送迎できるかはわかりません。

 

nisdde471_tp_v

 

そうなると、やはり電車でいくことになりますね。
最寄駅から自宅までタクシーでいけるならば問題ないですし。

 

【電車でもいける!】

 

子供として電車でも行けるところにしておいてね。
と、リクエストをしておいたので、
希望が通ってよかったです。

 

【5.春夏秋は滞在して、冬は都心部で生活】

 

最大のわがままですね。
都心部はsakuが子供のときに比べて、
夏場は平均して6度以上上昇しています。

 

pp_tsukushi_tp_v

 

汗をかくことが嫌いな母は、
寒い冬場は都市部で過ごす。
他は涼しいところで過ごす。

それを許可する子供も子供なのかもしれませんが、
65歳まで働いていたんだから、
好きなことをさせてあげたい。
最後の10年間は、
祖母が入所している特別養護老人ホームに毎日通っていました。
最後も母とsakuで看取りました。

 

自分も小さい頃ワガママを通させて成長させてもらったことを、
今、感じられる世代となりました。
軽い親孝行につなげればよいなと思っています。

 

 

 







【週末田舎暮らし】か【二地域居住】か

田舎暮らしはどこで始める?

【週末田舎暮らし】か【二地域居住】か

 

 

MARSEIRYUSYOKUBUTU_TP_V

 

もう、これは表現方法の差異でしかありませんが・・・

wikipediaで調べると、
下記のような問題点があります。
そして、我が家にもそれは降りかかってきます。
それぞれにコメントしてみました。
実際に【田舎暮らし】or【二地域居住】の現実が、
読者の方にも見えるかもしれません。

 

こちらの記事もご一緒にどうぞ




 

スポンサードリンク



 

 

【住居について】

 

 

二地域で居住するためにはそれぞれの地域で住居を持つことになるが、
たとえ賃貸にせよ、
それだけの資力がある人がどれくらいいるかという問題が大きい。
空き家等は農山漁村にたくさんあるという調査も有るが、
たとえ数年に一度の墓参り程度にしか立寄らない家にしても
他人には貸したがらない人が大半である。
また、住むにしても農山漁村ではなく、
なるべく都市部に近いところに住みたいとの希望が現実には多い。
なるべく都市の生活利便性を犠牲にはしたくないとの意向である。

 

 

⇒確かに『他人に貸す』というと、
壊されて返されるもしくは、大事にしていたものが盗まれる等、
不安はありますよね。
どの世代に方にアンケートを取っているのかにもよりますが、
多分、この考えは2020年オリンピックイヤーの後ぐらいから、
変化してくると思います。
いえ、田舎暮らし関連の放送が行われている限り、
徐々に意識改革は進んでいくと個人的に考えます。

 

 

【交通費について】

 

 

二地域を行き来するための交通費も現実的な問題である。

 

 

⇒そうなんですよね・・・
簡単に『週末だけ』過ごすわけにはいかないんですよね。
高速代+ガソリン代で往復1万円以上はかかってしまいます。

 

 

 

【徴税など社会制度について】

 

 

技術的には、住民登録制度等との関係、
どちらの地域で個人住民税等を課税するか
(またはどういう比率でシェアリングするか)などの問題がある。
現在の社会制度は「一地域居住」を前提としているからである。

 

⇒徴税問題大きいです。
都市部に住民票があるとリタイア世代はほぼ住民税はかかりませんが、
田舎に住民票を固定にすると徴税されます。

母は田舎暮らししている場所の土地建物を保有しているということで、
固定資産税の他に徴税されました。
徴税名目は【道路管理費】
市民税の中の項目になっていた気がします。
※細かく聞いていないので・・・

他、地域税が発生します。

 

 

  • 地域税その①ゴミ回収。

ゴミを捨てに行くのは歩いて5分ぐらい離れている場所。
都市部だとせいぜい1分から2分ぐらいなのにね(苦笑)

都市部だと市民税の中から充当されていると思いますが、
母の田舎暮らし地域では地域発生している金額です。
母は、ゴミを持ち帰るということで、
この金額は現在払っていません。
生ゴミはコンポストに入れて肥料にしていますし、
肉や魚のプラスチックトレイはスーパーの回収箱に入れれば、
月の半分定住していても、
ゴミ屋敷にならずに暮らしていけるかと思います。
※但し、母は毎回ゴミと共に都市部の自宅に戻ってきています。

 

 

  • 地域税その②消防費。

地域消防団への年会費が発生しています。
確か6,000円/年です。
もしも、都市部に戻っている時に火事になってしまっても、
消防団が消しておいてくれます。

田舎暮らしを始めてから、実際近所で火事があったそうです。
燃えたのは火元の建物だけだったということ。
なかなか優秀な消防団員さんが住まわれている地域のようです。

母も払っておいてよかったという感想を述べていました。

 

 

【介護等について】

 

 

夫婦どちらか又は両方が介護を要するようになった場合に、
二地域居住という自由な形を続けられなくなる。
現実に、どの地域で介護サービスを受けるかも問題。

 

⇒我が家は母独りなので、
本当に介護が必要ならば都市部に戻ってくるでしょう。

でも、もし田舎暮らし地で介護となったら考えなくてはならないですね。
今のところ、病院に関しても大きな総合病院があることを、
娘であるサク家族は認識しています。
また、近所のひとに地元の町医者を紹介してもらったら、
内視鏡検査設備のある病院があり、
話を聞いている限りでは安心感があります。

 

 

本当に住む場所によって地域格差があります。
同じ市内でも近所付き合いOKなヒトと、
近所付き合いNGな場所があります。

 

 

田舎暮らしをするヒトの性格にもよるのかもしれませんが、
個人的には近所付き合いもほどほどに育める場所のほうが、
何かと楽しみがありますよね。

 

 

 







まずは日帰り旅行から始めよう!

田舎暮らしはどこで始める?

まずは日帰り旅行から始めよう!

 

こんにちは。

sakuです。

 

 

世間では夏休みですね。

田舎暮らし始めたいなぁ・・・と、思っている方はどのようにお過ごしですか?

 

 

こちらの記事もご一緒にどうぞ




スポンサードリンク



 

もしかして思っているだけでまだ行動に移していないとか?

 

 

田舎暮らしを始めるのは本当に勇気がいりますし、
なによりも【どこに住む】かという場所選定も大事。

 

 

交通の便が良いところにするか、
あまり人がいないようなところにするか・・・

 

 

でもね、実際にその場所に行ってみないとわからないのです。

 

 

田舎暮らしの夢を目指して、
まずは日帰りでドライブしてみるのはいかがですか?

 

 

『こんなところに住んでみたい』

 

『いいところだと思っていたが・・・実際に住むと大変そうだ』

 

 

それは実際にその場所に行ってみないとわからないこと。
まずは住んでみたいと思っている憧れの地へ旅行に行ってみましょう!

 

 

ame_4533j0a2619_tp_v

 

一泊旅行でも、フリープランがおススメです。
たくさん旅行をして【住んでみたい】ところを探してみましょう。