タグ:水分

7月9日今日は農家のような写真が来た!きゅうりだけじゃないよ!

2016年無農薬農業。長野で田舎暮らし、二地域居住中。

7月9日今日は農家のような写真が来た!きゅうりだけじゃないよ!

今日の収穫はびっくり!

 

 

わお!
キャベツだよキャベツ!
丸いキャベツが4っつもある!

 

inaka-wineryhills_201607_0901

 

個人的な勝手な思い込みですが、
キャベツってプランターではできないじゃん!
丸くなるまでの外側の葉っぱが、
丸い食べるところの2倍ぐらい大きく広がっているし、
やっぱり広いところじゃないと作れないよね~・・・
と、思っちゃうんですね。

 

 

こちらの記事もご一緒にどうぞ




 

 

スポンサードリンク



 

 

そしていつものレギュラー陣

 

他の収穫物はというと。
きゅうりが4本に、ししとう2本。
ミニトマト1個。
ブロッコリー。

 

inaka-wineryhills_201607_0902

 

しかし・・・
きゅうりって毎日取れるんですね。
確かにあっと言う間に成長してしまいますし・・・
いつのまにかきゅうりではなく、
ヘチマサイズになっているときもありますよね~。

それでも味はきゅうりですが。

 

 

大量のきゅうり・・・どうする?

 

 

大量のきゅうりですが、
毎日食べるのも飽きますよね。

じつは我が家では腐ってしまう前に、
冷凍保存をしてしまいます。

きゅうりの95%は水分なので、
そのまま凍らせるとその後調理するのに大変です。

 

 

食べやすくカットすることが大事です。

 

sakuはよくわかめときゅうりの酢のモノを食べますので、
きゅうりはスライスにして冷凍にしておきます。

実際に食べる時は乾燥わかめの上に、
しっかり凍った冷凍きゅうりを載せます。

 

 

自然解凍をするのであれば、
冷凍したきゅうりが解凍される時に出てくる水分で、
わかめは乾燥から戻ります。

食事の時間までに時間がない、早く食べたいというのであれば、
水を入れてきゅうりを早く解凍してください。

 

 

冷凍保存期間はだいたい1ヶ月を目安としていますが、
sakuは冷凍きゅうりの存在を忘れて、
3ヶ月ほど入れっぱなしにしてしまいました。
ポン酢でいただいたと言う利点も働いたのか、
冷凍焼けの味はしませんでした。

 

 

水分が分離する利点を生かして行ってみたいこと。

 

 

 

ポテトサラダに入れてみたいですね。
水分が抜けていると思われますので、
時間が経ってもみずっぽいポテトサラダにはならないのではないか、
と思います。