タグ:黄色いトマト

1日とれるきゅうりについて考えてみる。そろそろ元とれた?

2016年無農薬農業。長野で田舎暮らし、二地域居住中。

1日とれるきゅうりについて考えてみる。そろそろ元とれた?

 

7月8日。
ときどき雨がぱらぱらと降ってくる曇りの日とのこと。
いつもは涼しいのに、結構蒸し暑いらしいです。
でも、都心部に比べれば絶対涼しいと思う。

 

 

 

こちらの記事もご一緒にどうぞ




 

スポンサードリンク



 

 

inaka-wineryhills_201607_08

 

そんなあまりよくない天気の中で収穫してきたものは、
きゅうりが4本。
黄色いトマトが1個。
ししとう3個に
ナスが1本。

 

inaka-wineryhills_201607_0802
しっかり成長したほうれん草。
※【おろぬき】卒業させました。

 

 

黄色いトマト、きれいですね。
都心部ではちょっと高級なお店でしか出会わない黄色いトマト。
甘いのか酸味が強いのか・・・
多分甘いんだろうと思ってしまうんですけれど、
送られてくる写真をみて、
勝手にお腹がなりますね。

 

 

そろそろきゅうりの元、とれたんじゃないか?

 

 

まいにちきゅうり取れますね。
少なく見積もって毎日3本は収穫できています。
7月〜8月も、毎日3本収穫できるとしたら、
約60日×3本でうまくいけば180本とれることになります。
これが1本の苗でできているのならば元はとれます。

 

 

苗代⇒100円
肥料代⇒500円

 

 

都心部でのきゅうり最安値(過去十年記憶)
きゅうり1本⇒10円
2016年のきゅうり金額
きゅうり1本⇒30円

 

 

 

20本とれていれば元はとれたと踏んでよさそう。
ということは、もう、元はとれているんだろうなぁ。