月別:2016年08月

記事一覧
ホームPage 1 / 3123

8月31日は先月収穫モレしたジャガイモと、市場に出ないキャベツ。

2016年無農薬農業。長野で田舎暮らし、二地域居住中。

8月31日は先月収穫モレしたジャガイモと、市場に出ないキャベツ。

本日のメイン収穫はじゃがいも

 

7月末に掘り切れなかったじゃがいもが本日の収穫物。

 

inaka-wineryhills_201608_31

 

前回述べたように、
この種イモ、芽が出ちゃったから植えたという代物なので、
メークインばっかり出てくる(泣)

これも100%メークイン。

 

 

個人的にはきたあかりとか、
レッドムーンとか好きなんだけどね。
芽が出てくる前にお腹に入っているんだよね(爆)

それにしてももう少し収穫できる気がするんだけど。
堀残した株、全部収穫できていないんじゃないかしら?

 

あ、きゅうりもいますね。

気が付きませんでした・・・

 

 

 

こちらの記事もご一緒にどうぞ




 

スポンサードリンク



 

このキャベツは美味しいのだろうか?

 

このキャベツはですね。
1度収穫したキャベツの脇から出てきた小さなキャベツを、
1ヶ月半ぐらいかけて大きくしたもの。
7月末にじゃがいも収穫しに行ったときは、
芽キャベツぐらいの大きさだったのに、
手のひらサイズになるもんだね。

 

なぜ、脇から出てきたキャベツを育て方というと、
ご近所のヒトに教えてもらったんだって。
脇からキャベツができるから、まだ抜かなくてもいいんじゃない?と。

ご近所さんからの知恵ですね。

 

出荷するキャベツは一つのキャベツから一つ育てて、
その後は抜いてしまうみたいだけれども、
自宅の無農薬菜園ですから、自由です!

 

 

 

ただ・・・
食べていないので、
美味しいのかは不明です。

 

 

 

そして、店頭にはそのような
【脇からでた芽が大きくなり・・・】
なんて、キャベツは並びません。

 

 

美味しいのか・・・本当に謎。

 

 

 

そのうち収穫物と共にこちらに帰ってくるようですので、
食べるのを楽しみにしています。

 

 

多分・・・
生キャベツをお味噌つけてたべることになりますね。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ プチ農業へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 畑いじり・畑仕事へ
にほんブログ村

 







大量の草取りを行っていたら、ご近所さんから便利な草取り道具を教えてもらう。

2016年無農薬農業。長野で田舎暮らし、二地域居住中。

大量の草取りを行っていたら、ご近所さんから便利な草取り道具を教えてもらう。

8月29日結果として二兎追うものは四兔を仕留めたようです。

 

本日8月29日、2回目の収穫報告を頂きました。
どうやらまだ日中は日差しが強いようです。
朝は日の出と共に起き(朝の4時には薄明るくなっているようです)、日差しが強くなる10時頃には休憩の為屋内に。
日差しが弱くなってくる夕方16時頃からまた畑仕事を行い、日が暮れたら屋内に入るという生活をしているようです。
もちろん、昼間は昼食後昼寝。
朝も4時から畑仕事していますしね、昼食後はしっかり休憩をとっているようです。

 

 

inaka-wineryhills_201608_29

 

大量の収穫ですね。

・・・こんなにかぼちゃなってたっけ?

 

こちらの記事もご一緒にどうぞ




 
スポンサードリンク



 

かぼちゃが増えた理由

 

不思議に思って聞いてみると、

草取りしていたら知らないおばさんが話しかけてきて、この道具を使うと草取りしやすいとアドバイスをくれた。
そしたら坊ちゃんかぼちゃもくれたの。

 

 

・・・え

 

・・・アドバイスもらった上にお土産までくれるんですか?

 

 

 

どんな太っ腹なセミナーだよ!?

 

 

 

都心ではそんなセミナーなんてあまりみかけないぞ!
せいぜい飲み物を出してくれるくらいだぞ!?

 

 

 

田舎暮らしもようやく1年・・・

 

田舎って不思議。
二地域居住?週末田舎暮らし?という、常に住んでいる訳ではないのに、ご近所の方は気にかけてくれています。
草取り道具を教えてくれた方からもらったかぼちゃ以外は我が家の生産物。
なすとピーマン、これはおくらなのかな?
あとはあいかわらず多いミニトマトとトマト。
トマトは体を冷やすともいいますしね。
草取り作業で大量にかいた汗をクールダウンさせるのに、取ったその場でトマトを食べるのもいいかもしれないね。

 

 

そして、知らないおばさんは比較的近所に住むおばさんでした。

 

 

 

二地域居住をしていると、
自分の区画に住んでいるヒトはよくわかるけれど、
隣りの区画に住んでいるヒトだとまだわからなかったりします。

 

 

都心だと近寄ってくる人に対して、
何か裏があるような気がしてしまいますが、
田舎だと、なぜか物々交換が始まったり、
わからないことも教えてくれたりします。

 

 

ここまでしてくれた近所の人はお節介なのだろうか?

 

ご近所の方は二地域居住を理解してくれています。

家庭菜園を今年から始めましたが、
いつも通りある程度の手入れをしたら都心に戻りました。

 

 

近所の方に、いつも世話になっているので、
きゅうりいっぱいなったらとって食べていいよ
と、話してきたらしいのですが、

 

 

ご近所さん・・・

プラスチック容器と塩を用意して、
きゅうりを塩漬けにしておいてくれました。

 

 

 

それには母も仰天!

 

 

 

まさか・・・
ここまで面倒みてくれるとは!

こんなお節介にとても感激した母は、
プラスチック容器と塩を購入。

 

 

よろしくお願いしますと渡してきました。

 

 

 

ご近所さんに恵まれたと、
心から感じますね。

 

 

 

 







ご近所さんからいんげんをもらった!我が家の収穫物はふきでした。

2016年無農薬農業。長野で田舎暮らし、二地域居住中。 - 田舎暮らしで育てている野菜 - おススメの食べ方

ご近所さんからいんげんをもらった!我が家の収穫物はふきでした。

 

8月29日二兎追うものは三兔捕まえることもある

 

農薬を撒かずにおいしい野菜を収穫するということにこだわっている田舎暮らし地の畑。
おいしい野菜が収穫できるということは、土に養分がたくさんあるということ・・・

 

 

土に養分があるということは、雑草もたくさん出てくるんですね。
まぁ、仕方ないですよね。
もともと雑草が生えていたところなのですから、種もいっぱい落ちていたんです、きっと。

 

 

ということで、本日は大量に草取りを行ったようです。

除草剤を撒く方が手っ取り早いですが、

【無農薬で野菜を作る】

というポリシーから外れてしまうので、

草取りも大きな仕事です。

 

 

除草剤を撒くと、

やっぱり土が枯れてしまうようです。

草が生えなくなると好都合ですが、

そこには虫が寄ってきません。

そうすると次は受粉させるのに一苦労。

現在は受粉に関して苦労することはないので、

(トマトは収穫に困るほどに現在なっている)

やはり除草剤を撒くことはできないですね。

 

草の間に出てきたふきも一緒に収穫。
大量の草のおかげで日陰になって柔らかいふきに育っていてくれればうれしいのですが。

 

こちらの記事もご一緒にどうぞ




 

スポンサードリンク



 

そしてご近所さんからはいんげんをもらったらしくて・・・

 

草の間に出てきたふきも一緒に収穫。

 

 

inaka-wineryhills_201608_291

 

 

 

そしてご近所からいんげんをもらったらしくて・・・

・・・ふきよりももらったいんげんの方がボリューム多くない?(笑)
8月29日朝の収穫は我が家のふき<ご近所さんのいんげんという図式でした。

 

 

家庭菜園におススメなふきの収穫方法

 

ふきは収穫せずにいると、

どんどん葉と茎が立派になり、食べるところが多くなって食べごたえが増えて嬉しいとなります。

ですが、実はどんどん茎や葉が固くなり、

筋のところが増えて食べにくくなるのも事実です。

 

直径が小指にみたないぐらいの大きさになったら、

どんどん刈り取って食べていく方が、

やわらかいのでベストです。

 

大きくなってしまったら、そこはふきが生えている場所としてのマークと考え、

新たに出てきた新芽が成長するのを待ちます。

 

春先はフキノトウとして、てんぷらやふきみそとして楽しめるので、

田舎暮らしで家庭菜園を持つ方にはおすすめの植物です。

 

 

害虫はどうなの?育てるのは大変なの?

 

虫が付いていることはあまりないと思いますので、

ほぼメンテナンスフリーです。

手をあまりかけることなく食べれるのは本当に楽!

 

ふきの調理方法は?

 

我が家の調理法としては、

 

①まず、食べやすい大きさにカット。

②油で炒め煮にする。

③味付けはしょうゆと顆粒のだしの元。

④仕上げに風味づけにごま油を入れて、混ぜてから火を消す。

 

ただし、ふき本来の苦みが苦手な方にはあまりおすすめしません。

収穫してすぐに調理をすると、苦みはあまりなく、

食べることが可能です。

 

春先はフキノトウとして、てんぷらやふきみそとして楽しめるので、

田舎暮らしで家庭菜園を持つ方にはおすすめの植物です。

 

 

ふきのの取得方法

 

たまたまご近所に植えられていたふきの種が飛んで、自生を始めたのか・・・

実は地下でお隣の方とつながっているのかははっきりしませんが、

ご近所の方も、

『うちの庭のもとって行っていいわよ』

なんて言葉が出てくるそう・・・

ご近所関係が良好なのもふき様様です。

 

ふきのとう苗 1株
by カエレバ

 

 

楽天でも販売しているようですが、

できれば地域の農協やカインズ・コメリ等のホームセンターで購入することをおすすめします。

 

地域格差により、やはり根付く時期が異なります。

ネット販売を否定するわけではありませんが、

都心部ではじゃがいもの種イモを植える時期が3月開始でも、

田舎暮らし地域では3月はまだ土が凍る時期なので、

植えたらNG等あります。

 

都心部でも二畳ほどの梅の木が生えている庭があるのですが、

そこの木の根元にツワブキを植えてあります。

我が家はそのツワブキを年に2回ぐらい収穫しています。

ツワブキに関しては茎部分しか食べませんが、

箸休めの一品としては重宝しています。

 

 

日陰に強い!☆ツワブキ☆5本セット!ポット苗☆可愛い花♪食用にもなります!!【あす楽対応_九州】
by カエレバ

 

 

ツワブキは野ふきや、八百屋で売られている水ふきと違って、
すじっぽさがあまりないです。
苦みも薄い気がします。
(味付てしまうとわかりにくくて(苦笑))

黄色い花も楽しめるので、こちらもいいですね。

 

 

いんげんは大量に収穫できても大丈夫です!

 
大量にいんげんがあると、炒め煮にして食べたりできますよね。
もちろん、胡麻和えとかシンプルに食べれるので個人的には好きです。
緑の色合いがいいので、3ミリ角ぐらいにカットしたニンジンと一緒に豚バラや豚スライスで肉巻きにして焼いたり、食べ方も豊富ですよね。
もちろん、軽く洗ってしっかり水気をとったものを冷凍保存するのも可能です。
冷凍保存したいんげんは、使用するときに一本一本手でぽきぽき折れるので、煮物の色合いでいんげんが欲しいなと思った時は簡単に使えます。
また、大量に作ったいんげんの胡麻和えも冷凍保存しておけば、食卓が寂しいときに解凍すればすぐに食べられます。

冷凍保存という考えを駆使すれば、大量のいんげんはとても使いやすい食材になるんですよ。

 

 







8月28日の収穫は色々あります。

2016年無農薬農業。長野で田舎暮らし、二地域居住中。

8月28日の収穫は色々あります。

 

 

個人的に思う、いつもこのぐらいの種類が取れていればいいなと。

 

本日の収穫は

 

inaka-wineryhills_201608_2801
トマト
茄子
きゅうり(すごく九の字ですね)
ミニトマト
オクラ
いんげん
ピーマン
ししとう

 

毎日このぐらいの種類だと、
3食分で使えますよね。

 

まぁ・・・
そんなにうまくいくことはないと思いますが・・・

 

新鮮なものをその場で美味しくいただく。
これが一番いいですよね!

 

 

 

こちらの記事もご一緒にどうぞ




 

スポンサードリンク



 

 

バジルが咲きだしてしまいました。

 

inaka-wineryhills_201608_2802

 

あぁ・・・いっぱい咲いています。
花が咲いているとなると、
バジルの葉が固くなってきちゃいますよね。

 

もう、乾燥バジルにするしかないかな?
生で食べる時期が過ぎちゃったな・・・







ホームPage 1 / 3123