月別:2016年12月

記事一覧

よく晴れた日は散歩をしてみる。とても山がきれいだから。

10年diary - 日帰り旅行

天気が良い日は散歩をしてみる。とても山がきれいだから。

 

 

実際に住んでいるところは晴れていても、周囲の山を見渡すとガス(霧や雲)に覆われていることが多く、なかなか周りの景色がきれいに見れません。
今日は山がよく見えるな・・・と思っていても、数分後にはガスに包まれてしまうので、写真撮影するのはいつがいいんだろうと悩むところです。
夏場、雲が上がってこない早朝5時に起きて山の景色を見たところ、やっぱり雲がもう上がってきていて、手前の山はきれいに見えるけれど奥の南アルプス連山ですかね・・・うまく見えないんです。
いつかは見たいと恋焦がれつつ、1年間チャンスを待っていました。

 

 

こちらの記事もご一緒にどうぞ




 

 

スポンサードリンク



 

夏場よりも冬場の方がガスに包まれていない気がする。

 

 

この日はとても山がきれいに見えていたので、15時ごろお散歩しました。
とは言っても、完全防備の冬仕様で歩いて行ったわけではなく、ダウンベストを着ただけなので肌寒かったです。
本当に近所をさらっと歩いて寒くなって家に戻りました。

 

 

 

夏場よりも冬場の方が山がきれいに見える気がする。

 

2016-12-31_07-59-55

 

山も雪化粧をしているので、奥行きのメリハリ感がとても美しいです。水墨画や墨絵のように遠くの山がグレーの混ざったペールブルーで何層も重なって見えます。遠くになればなるほど、雪を頂いた山は空の色と同化していきます。

 

2016-12-31_08-00-39
夏場は農作業を手伝うことがメインテーマでもあったので、sakuにも余裕がなかったのかもしれません。

 

2016-12-31_07-58-27

 

冬場は農作業を行うにしても霜が降りたり、霜柱が出ていたり。夏場は早朝夕方の作業だったのが、冬場は昼間しか作業ができません。

 

2016-12-31_07-57-30

 

そこで生まれた心の余裕。せっかくの美しい山を愛でながらのんびり年末を楽しもうと思います。

 

2016-12-31_07-59-15

 

ちなみに、とっても天気が良いと、富士山が見えます。

夏場は探すのが難しいですが、冬場はどの山よりも真っ白なのでよくわかります。

(今回、写真は撮れませんでしたが)

 







年末年始の仕事。門松を作ることにしました。

田舎暮らしはどこで始める? - 我が家の田舎暮らし計画

年末年始の仕事。門松を作ることにしました。

 

 

先日、テレビで趣味の園芸で門松作りを行っていたので、母は門松を作ろうと思い立ったようです。
主なメイン材料、竹と松はご近所さんから頂くというなんとも素晴らしきプラン!!!

こちらの記事もご一緒にどうぞ




 

 

スポンサードリンク



ホームセンターで購入した材料はこれだけ。

 

 

 

 

植木鉢

 

 

葉牡丹

 

 

やぶこうじ(赤い実がついたもの)

 

門松の作り方。

 

 

❶まずはもらった竹の枝を落とします。

 

 

❷竹をカットします。節の部分をカットしたのは、テレビの放送で『にっこり笑っているように見えるでしょ』と言っていたので、わざと節でカットしたそうです。
普通の目の粗い手鋸でカットしていましたので、カット面が切れていました。本当は糸鋸でカットすると綺麗にできます。

 

2017-01-02_09-03-58

 

❸3本まとめてビニールタイでまとめます。できれば園芸売り場で売っている緑色のものが良いかと思います。(テレビではガムテープでまとめていたようです)

 

 

❹植木鉢の底にビニール袋を入れます。砂を入れて松や竹を固定するので、植木鉢の水抜け穴から砂が抜けるのを防ぐためです。

 

2017-01-02_09-06-26

 

❺植木鉢に砂を入れ、竹を固定します。そのあと、葉牡丹ややぶこうじを入れます。

 

2017-01-02_09-04-46

 

❻竹の前に松を全体のバランス考えながら植えます。

 

2017-01-02_09-05-39

 

出来上がりました!

 

 

どうでしょう?
素敵ですよね?

 

 

門松作りは都心部でも趣味で行ったいた母。
その時は竹を金色スプレーで塗装していました。

 

 

 







おせち料理を作る。鰹節の厚削りを使用してコトコト1時間煮出す。

田舎暮らしで育てている野菜 - おススメの食べ方

おせち料理を作る。鰹節の厚削りを使用してコトコト1時間煮出す。

 

 

我が家のおせち料理は毎年母が作ります。

 

こちらの記事もご一緒にどうぞ




 

 

スポンサードリンク



 

 

ちょっと気合を入れて煮物を作る。今年も鰹節の厚削りを使用。

 

 

テレビでは15分ぐらいでダシを取っていたみたいですが、実際は1時間かけてコトコト煮出します。
沸騰したお湯に厚切りの鰹節を入れて、沸騰させないとろ火で煮出します。

 

2016-12-31_07-40-37

(使ったのはこの厚切り鰹節だし)

 

 

ヤマヒデ 業務用だし (混合削りぶし厚削り) 150g
by カエレバ

 

小さく泡が出てきたら、それはアクですので、アク取りで取りましょう。
おたまで掬うのも一つの手段ですが、どんどん使いたい大事なダシがなくなっていきますので、アク取りを一つ持っていた方が便利だと思います。

 

2016-12-31_07-40-01

 

 

鰹節の薄削りを使う場合はこうダシを取る。

 

 

沸騰した湯に5グラム(だいたい1パック5グラムです。中には3グラムもありますので、よく表示をみてください。)の鰹節を入れます。再度沸騰したらダシ取り完了。
細かな網で漉すと出来上がりです。
とても簡単にできますよね。
これは離乳食でも使えますし、風邪をひいて食欲がなくなった、胃腸炎になった時には、このダシを用いた煮込みうどんを食べると体に負担をかけずに食べ物を摂取できます。

 

亡くなった祖母が取っていたズボラなダシの取り方。

 

 

祖母の家に行くと味噌汁を毎朝いただいていましたが、その中に入っていたのが煮干し。
これが小学生の子供にはとても固くて。
味噌汁椀に入っていると今回はハズレと思って少しブルーになった思い出があります。
実は母も小さい頃からその煮干しが入っている味噌汁を飲んでいたらしく、
『この煮干しをどうやって食べよう。半身に分解したら食べやすいのだろうか』
と、考えていたらしい。
親子で同じことを考えさせる偉大なる祖母でした。

 

 

水から取るダシは昆布と煮干し系。

 

 

お湯からだとダシが開かないそうです。
前日に水に浸しておき、その水と共に鍋を温めるそうです。

 

 

煮出し方は異なります。

 

 

煮干しはクラクラ弱火で5分程度かけて煮出します。
昆布は何分も煮出すと水の色が緑に変わってしまいます。
沸騰したらすぐに火を止めましょう。

 

 

 







来年軽井沢ウィンターフェスティバル2018には参加ができるのか?

10年diary - 日帰り旅行

来年軽井沢ウィンターフェスティバル2018には参加ができるのか?

 

2016-12-30_07-51-38

 

かぎもとや塩沢店に貼ってあったポスターが綺麗だったのでパチリ。
軽井沢を盛り上げるフェスティバルが紹介されていました。

 

こちらの記事もご一緒にどうぞ




 

 

スポンサードリンク



フェスティバル期間は2016年11月26日土曜日から2017年2月11日土曜日まで。

2016-12-30_05-46-32
ウィンター花火大会を封切りに、オープニングクリスマスマルシェが2016年11月26日に行われます。
12月25日まではホワイトクリスマスin軽井沢、クリスマスキャンドルタウンと、イルミネーション企画があるのですね。

sakuはクリスマスキャンドルタウンに参加したことになるのかな?
軽井沢高原教会で。

 

2016-12-25_12-21-26
消えてしまったキャンドルを探すのがちょっと手間取りましたが、
イベントに参加するのは気持ちとして楽しいですよね。
キャンドルに点灯している時の写真を撮り忘れてしまい、少々残念ではありましたが来年2017年にまた参加しようという楽しみになりますよね。

 

 

2018年も軽井沢ウィンターフェスティバルは行われるのだろうか?

 

 

もし、行われるのならばクリスマスコンサートに行ってみたいですね。

今回のウィンターフェスティバルでは、12月18日日曜日に軽井沢大賀ホールにて行われていた模様。

また2か月前から計画を立てて、参加したいなぁ・・・

 

 

スポーツイベントも行われています。

 

 

小学生の部では、軽井沢少年アイスホッケー大会、軽井沢スケート競技大会が行われています。
中学生の部では、軽井沢スケート競技大会が行なわれています。
地元のイベント色が強いのかしら?

 

 

 

他にも国際試合でカーリング選手権大会が行われています。

 

 

 

ウェディングイベントが多い。

 

 

クリスマスキャンドルタウンも軽井沢ウェディング協会主催のイベントのようで、各教会にて行なわれているようです。
2017年に行われるウェディングイベントとしては、2017年1月14日に軽井沢プリンスホテルにて行われる軽井沢ウェディングアワード。
2017年1月7日の土日から2017年2月11日まで、軽井沢町の12の会場で行われる軽井沢ウェディング合同ブライダルツアーがあります。

 

 

 

ちなみに、冬の夜の軽井沢の気温はマイナスになります。
初夏は湿度が高いので、盆時期以降の方がウェディングにはオススメなのかしらと、個人的には思ったりしました。

 
[st-card id=1098 ]