月別:2017年06月

記事一覧
ホームPage 1 / 3123

6月29日はご近所さんからいただいたもの2品。

10年diary - 10年diary - 田舎暮らし 夏

家庭菜園の収穫物も嬉しいですが、今日はご近所さんとの物々交換があったようです。
自分の畑だけの収穫だとやはり偏りが出てきます。
ご近さんとの交流で、自分の畑以外の物も食卓に並びます。

 

豊かな食卓を作り出すのは、自分の力だけではないということが、客観的にわかってきました。
やはり、人は寄り添うものなのかな?

 

 


 





 

春の山菜のこごみと、すぐきの実をいただきました。

 

inaka-wineryhills_gumi_20170629
山菜のこごみは3月ごろからご近所さんからいただいています。
てんぷらにもしますが、さっと茹でてすりごまと醤油で和えるのが一番簡単な調理法です。

新鮮だから、この調理法がなりたつのかもしれません。
自分も何回か食べさせていただいていますが、癖もなくおいしいです。

すぐきの実は初めて見るし、聞きます。

ざくろのみのような赤さと透明感。
このままではたべられないそうです。
焼酎につけて、この独特の赤い色をアルコールに溶かして飲むそうです。
長くつけておくとすぐきが苦くなるようですよ。

家の中においておいた長芋が成長してしまって凄いことに。

inaka-wineryhills_yamaimo_20170629
秋口に購入しておいた長芋。
安かったので、大量に購入しておいて食べきれなかった長芋から芽が出て伸びてしまい・・・
長さ120センチ以上になっています。
これって植えるべきなのか・・・どうなんでしょう。

サツマイモだと、芽だけ植えれば秋には地中に立派な芋ができます。
長芋はどうなのでしょうかね。

夕飯にはさっそくこごみを並べる。

inaka-wineryhills_20170629

  • こごみのすりごま和え
  • ふきの炒め煮
  • 筍のメンマ風炒め
  • きゅうりと豚肉の冷しゃぶ風ゴマ味噌たれ

 

ご近所さんに感謝です。
 

Sponsored Link

 







6月28日は2017年初。なすときゅうりとカリフラワーだよ。

10年diary - 10年diary - 田舎暮らし 夏

5月の連休に植えた苗たちが育ち、ようやく収穫を迎えはじめました。
約2か月かかっていますね。
昨年と比較すると、時間がかかったような気もします。

今年も多くの収穫ができるか楽しみです。

 


 




やっぱり、早く収穫できたのはきゅうりとナスでした。

inaka-wineryhills_hatusyuukaku_20170628
 

昨年2016年もトマトよりも先に早く収穫できましたね。
苗が大きくなりやすいのでしょうか。
なにしろ嬉しいことです。

今年注意したことはジャガイモの側にはナスは植えない。

昨年はテントウムシダマシに壊滅状態にまでなってしまったナスの苗。
必死にテントウムシダマシを排除しようと駆除しましたが、ナスの苗は持ち直しませんでした。
秋ナスに間に合うかなというところまではできましたけどね。

きゅうりの側には下仁田ネギを大量に植えました。
ネギときゅうりはコンパニオンプランツなので、害虫駆除と相乗効果で良く育ってくれるはず。

夏の大量収穫がとても楽しみです。

さっそく夕飯のおかずに。ナス焼きのしょうがのせ

さっそく収穫したばかりの野菜が夕飯の食卓に並びます。
これが家庭菜園の醍醐味ですね。

inaka-wineryhills_20170628

  • ナス焼きのショウガのせ
  • きゅうりとたまねぎポン酢のサラダ
  • アナゴ
  • カリフラワーの花芽の茹でもの

 

本日も野菜がいっぱいの食卓です。

さらに、アナゴ以外、全て我が家の無農薬野菜で育った野菜たちです。

夏に向けてのココロオドル日々が徐々に幕を開けだしましたよ!

 

Sponsored Link






いきなり送られてきた写真は何を映していたのかわからない。よく見たらハチの巣だった。

田舎暮らしはどこで始める? - 我が家の田舎暮らし計画

よく見たらハチの巣・・・それも初めて見たとっくり蜂の巣。

 

inaka-wineryhills_20170628-hatinosu

 

首都圏でみかけるのは足長バチの巣なのですが・・・このとっくり蜂の巣は初めてみました。
さすが、田舎・・・
首都圏ではいない昆虫の生活が息づいています。

 

まぁ、送られてきたときは何がなんだかわかりませんでしたけれどね。

 

 

 

スポンサードリンク



 

既に蜂は住んでいないようです・・・だからとっくり蜂の巣もそのまま放置。

 

放置しておいていいのかな・・・
蜂も住んでいないいようなのでそのまま放置しておこうとしているのですが、大丈夫ですかね。
また、新しく巣を作られても困るので、ここに置いておきたいんですがね。

 

 

 







6月27日は畑の土づくり。

10年diary - 10年diary - 田舎暮らし 夏

風のない穏やかな日となりました。
畑の草は抜いた後、たいてい一か所に集めておきます。
太陽の日差しで水分は飛ばされ、草は乾燥していきます。

 
その乾燥した草や枝を本日は燃やします。
その灰を土に混ぜることで肥料とします。

 

いわゆる草木灰ですね。

 

 


 





 

この地域では日常的な風景です。

 

inaka-wineryhills_20170628-hatake02
 
この地域の方々は抜いた草をそのまま土に混ぜ込んだり、このように燃やして草の量を少なくしたうえで土に混ぜます。
昔ながらの農法とはいえ、このやり方が一番シンプルに自然の力を取り入れた形です。

 

この地域は焼畑農法地域ですから、風が強い日は消防車が本日は草を燃やさないでくださいと注意喚起をしながら走ります。
消防車が走らない、穏やかな天気の日は火につきっきりで燃やせる日になりますね。

 

今晩の食事メニュー。

 

  • 大根の甘酢漬け
  • 玉ねぎポン酢漬け
  • 白菜と豚肉のガーリック炒め
  • 筍メンマ風炒め

 

ビールのつまみにはちょうど良いメニューです。

 

 

 

Sponsored Link






ホームPage 1 / 3123