タグ:2017年

記事一覧

2017年の田舎暮らしの風景をお届けします。
GWはじゃがいもの植え付け、海の日連休はじゃがいもの収穫……
連休にあわせて田舎暮らし地に行くも、畑作業であまり観光は出来ない日々が続きました。

12月29日はボルシチで。12月上旬に収穫したビーツを使って本格的な料理。

10年diary - 10年diary - 田舎暮らし 冬

 

今年はビーツを栽培しました。
テレビでビーツが健康に良いという話が流れ、近所の道の駅で販売しているものですし、作ってみてはという話をしました。

 

ビーツは血管を若返らせる食べ物のひとつとして知られていますね。
食べる輸血と言われるほど、栄養価が高い野菜のひとつでもあり、抗酸化作用の高い食材でもあります。
ただ・・・母はあまり好きではないのですね。

 

 


 




 

道の駅で購入したビーツ。食べてみたけど青臭い。

 

ビーツの種を撒いた直後の夏、道の駅でビーツを購入してきたのですね。
スープにしたのですが、煮込んでも煮込んでも野菜の青臭い味が取れず。
自分はそんなもんだろうと感じていたのですが、母はこの青臭い味が気になって、ビーツに対しての印象があまりよくないようでした。

 

今回、自宅で種を撒いてから育てたビーツを牛肉と煮込んでボルシチにしたのですが、全然青臭くなかったです。
個人的な仮定ですが・・・収穫してから時間が経ったものは青臭さが多く出るのではないかな?と。
もしかしたら、種の品種にもよるのかもしれませんけどね。

 

販売されているビーツには葉がない。葉っぱって食べらえれないの?

 

収穫したてだし、葉っぱって食べれるのでは?
そう思って、葉っぱを炒めて食べてみたことがあります。

 

独特の苦みがあっては嫌だな・・・と感じたので、ガーリックソテーにして食べたのですが、ほうれん草とおなじように食べることが出来ました。
ただ・・・ビーツの実と同様、赤いアントシアニンが油に溶け出しました。

 

これも自分の仮定ですが・・・収穫した後に葉をカットして販売することで、実の部分の栄養素がなくなることを阻止しているのではないかな?
長期保存する場合は葉をカットしておいた方がよいのかしら?

 

今夜はビーツで本格的なボルシチを。赤いスープをアラジンストーブでゆっくりと過熱。

 

inaka-wineryhills_20171229_03

 

寒いのでほぼ家の中を温めるために稼働しているアラジンストーブ。
ここにビーツとたまねぎを煮込みます。
塊肉の牛肉ではないので、今回は後から牛肉を入れるパターン。

 

他の夕飯のおかずはマカロニサラダ。こはだの酢の物

 

inaka-wineryhills_20171229_07

 

inaka-wineryhills_20171229_08

 

inaka-wineryhills_20171229_04

 

  • ボルシチ
  • マカロニサラダ(ディズニーキャラクターのマカロニ)
  • こはだの酢の物
  • つくしの佃煮(冷凍保存)

 

ボルシチだから赤ワインを楽しみます。

 

inaka-wineryhills_20171229_05

 

今夜は赤ワインをいただきます。
年末年始の夜は、毎晩1杯ずつたしなんでいきたいですね。
日頃ノンアルコール生活なので。

 

inaka-wineryhills_20171229_06

 

 

Sponsored Link






12月23日。クリスマス前に田舎暮らし地へ。牡蠣パーティーを今年も開催。

10年diary - 10年diary - 田舎暮らし 冬

 

いつも通り22日の夜、首都圏を出発。
今年は寒いですね。
昨年は12月でもそんなに寒くなかったので、下仁田で高速を降りて、内山峠を越えて田舎暮らし地に向かっていたのですが、既に12月の上旬の昼間でも内山峠では道路が凍結しているので、今回は軽井沢で降りることに。
わずかでも高速代をけちる作戦です。

 

 

 


 




 

 

朝ごはんは簡単に。たまごだれの茹でたままのうどんをいただきました。

 

inaka-wineryhills_20171223_01

 

昨晩到着したばかりですし・・・手間暇かからない朝ごはん。
田舎暮らし地周辺でよく食べられるさばみそ缶を開けて食べました。

 

inaka-wineryhills_20171223_02

 

この地域では、鯖缶をいれた味噌汁や、サバカレーを食べるようです。
鯖缶が安売りしているときに、ご近所さんになんで安いのか聞いてみたところ、なんにでも使えるということだったのでそのまま缶を開けて食べるのかと思っていました。
まさか、そんな使い方をするとは思わなかったです。

 

クリスマス前なのに・・・すでにお正月モードが漂う玄関前。

 

inaka-wineryhills_20171223_04

 

12月上旬から準備していたため、既に玄関前は門松が飾られていました。
実は、田舎暮らしのこの地では門松って飾らないみたいなのですよね。
昔は雪が降っていて積もっているから飾れなかったのか・・・
それともそのような風習が伝わっていないのか・・・

 

玄関飾りも細いしめ縄を縦に飾るようですし・・・
地域によってお正月飾りもそれぞれ異なるんですよね。

 

inaka-wineryhills_20171223_03

 

田舎暮らし地で育てている千両も寒いためか葉が色鮮やかな赤色に変化しています。

 

他の植物の風景。

 

inaka-wineryhills_20171223_05

 

今年は寒いので・・・冬越しさせるために藁を巻いておきます。
それでも寒そうです。

 

inaka-wineryhills_20171223_06

 

実がついている植物はそのまま枯れても植えたままにしておきます。
来年、こぼれた種から芽が出て育ってくれることを期待しているのです。

 

今年も頼みました、ふるさと納税。5000円分の殻つき牡蠣です。

 

毎年どこかで殻付き牡蠣をふるさと納税で頼んでいます。
殻付き牡蠣、おいしいですよね。

 

いつもは10000円分の牡蠣を依頼しているのですが、今回は5000円分にしました。
牡蠣の大きさがMサイズからSサイズになり、数量も25個から30個前後入っていましたが、20個前後と少なくなります。

 

今回数量を少なくしたのは牡蠣を食べるのが二人だけ。
量が多いと二日目も食べなくてはなりません。
二日目も牡蠣をホットプレートで焼くと言う、同じ食べ方とは異なる食べ方をしたくなるので、必然的に牡蠣を殻から外さねばなりません。
それが面倒というのが主な理由です。

 

昨年は広田湾、今年は糸島の牡蠣。

 

昨年と異なる場所の牡蠣を頼みました。
5000円分の牡蠣を頼めて、日付希望が出来たのが楽天のふるさと納税でした。
なので、糸島の牡蠣が届くことになりました。

 

糸島の牡蠣も美味しいですが、何よりも牡蠣の殻がとてもきれいになっていたことが嬉しかったですね。
昨年頼んだ広田湾の牡蠣も美味しかったです。

 

でも、牡蠣の殻にフジツボが付いていたり、海藻っぽいのが生えていたり・・・
海産物ですから当たり前と言えば当たり前ですが、糸島の牡蠣殻はそのようなものが全くありませんでした。

 

一度、箱詰めする前に、牡蠣殻を清掃しているんですね。きっと。
ホットプレートで焼いているときも、プレート内にゴミが出てこないので、使用後のプレート洗いがとてもらくちんでした。

 

小さな気使いかもしれませんが、とても購入者としては嬉しいことでした。

 

夕飯は牡蠣のホットプレート蒸し焼きとしゃぶしゃぶ。

 

inaka-wineryhills_20171223_07

 

inaka-wineryhills_20171223_08

 

アラジンヒーターの上でしゃぶしゃぶ。
冬だからできる荒業です。

 

 

 

Sponsored Link






バターナッツかぼちゃが美味しい。種の入っている丸い部分をグラタンにしたよ。

10年diary - 10年diary - 田舎暮らし 冬

 

日本でよく見かけるかぼちゃは外皮が緑色のかぼちゃがおおいと思います。
冬のこの時期になると、外皮が白いかぼちゃかな?
外皮が白いかぼちゃは収穫しても、冬至まで日持ちすると言われているかぼちゃです。
(春先に販売されているかぼちゃは日本の気候的に九州産や外国産が増えるということです。)

 
そして今回のバターナッツかぼちゃは外皮が茶色。
アメリカでは一般的に売られているかぼちゃの一つのようですが、日本ではまだ珍しい部類に入るカボチャです。

 

 


 





 

バターナッツかぼちゃ、実はいただきました。

 

このバターナッツは先日ランチをした田舎暮らし地の友人にいただいたようです。
友人の方は田舎暮らし歴5年以上。

 
母とは異なり常時住んでいるという方ですから、畑の規模も大きく、いろんな野菜や果物を育てています。
母はその友人から学ぶことも多く、こんな野菜も育てられることが出来るんだ・・・と、良い刺激になっているようです。

 

そしていただいたバターナッツ。
我が家の畑でも来年はバターナッツが育ってくれそうです。

 

個人的にはバターナッツが好き。

 
バターナッツは緑色の外皮のくりかぼちゃよりも水分が多く、甘味が少ないです。
甘さを追及した最近のかぼちゃが好きと言う方には物足りないかもしれません。
特徴としては、スープにすると溶けやすく、このようにグラタンにすると、カボチャ部分がとても柔らかくなり食べやすいです。

 

 

今回はひき肉とたまねぎを混ぜた具材を詰め込み、電子レンジで加熱。
上からとろけるチーズをかけて最後にオーブンでチーズを溶かしました。
 

inaka-wineryhills_20171221_01

 

実はこの穴にたまごと砂糖を溶かしたプリン液をいれると、カボチャプリンになるという、とても美味しいデザートにもなるんですよ。

 

Sponsored Link






楽天スーパーセールで買った野菜の種が届いたよ!12月13日の食卓にはすでに正月飾り。

10年diary - 10年diary - 田舎暮らし 冬

 

2017年12月上旬の楽天スーパーセールで来年用の種を買いました。
田舎暮らし地の近くのホームセンターで販売していない苗の種です。
でも、道の駅ではよく見かけるカラースティックニンジンもありますね。

 
 

 


 




 

個人的に楽しみなのはズッキーニ。グリーンパンツというかわいらしい名前のズッキーニの種。

 

inaka-wineryhills_20171213_01_2018seed

 

今年2017年植えたズッキーニは2016年に収穫したズッキーニの種でした。
大きく成長していましたよね。

 

実はズッキーニの苗を5月に購入して植えたのですが、今年は天候がなかなか安定しなくて苗が育たず。
田舎暮らし地のこの地域は5月29日の雹が降ったこともあり、りんごにも傷がついてしまい、今年はりんごの価格もちょっと下落しています。
(おかげさまで毎朝りんごをいただいています。)

 

よって、2016年に大きく育ったズッキーニから収穫した種を植えたところ育ちましたので、2017年のズッキーニの収穫を担ってくれました。
夏場はなかなか育ってくれず、今年も収穫が僅かかと思いましたが、晩夏からズッキーニの成長しやすい気候になったのか、よく花を咲かせてくれました。

 

ただズッキーニは受粉させなくてはいけないので、蜂などの虫が多く飛んでいる時期から外れる晩夏は、人の手が必要になってしまいます。

 

本日の夕食はこちら。すでにテーブルにはお正月飾りがお目見え。

 

inaka-wineryhills_20171213_02

 

冬場は畑仕事が出来ないので、家の中のことを行う時間が多く取れます。
そのためか、さっさと作業をしたいと感じたのか、そうそうにお正月飾りを作っています。

 

漬物も仕込む。昨年漬けた樽の中から沢庵が!

 

inaka-wineryhills_20171213_03

 

すでに全部食べたと思っていた漬物樽の中から沢庵が4本も残っていました。
少ししょっぱくなっているかもしれないので、鰹節を混ぜています。

 

他には前日の残りのポトフにほうれん草のおひたし。
本日も野菜が多い食卓です。

 

 

Sponsored Link