月別:2017年10月

記事一覧

田舎暮らしin長野県の生活風景2017年10月

10年diary - 10年diary - 田舎暮らし 秋

 

2017年10月の田舎暮らし生活

田舎暮らし早いもので3年目に突入しました。
こだわりの無農薬野菜が食卓に並んだ夕飯も、あたたかな鍋や煮物が多くなってきました。

 

 


 

スポンサードリンク



 

10月10日の田舎暮らし生活

 

メインディッシュは自家製無農薬野菜のきゅうりスライスを敷いた豚の冷しゃぶ。

 

自宅で収穫できた野菜が並びます。

  • 栗かぼちゃの煮つけ、豚の冷しゃぶ無農薬きゅうりスライス添え。
  • きゅうりとにんじん、大根の漬物。
  • 冷しゃぶ用のゴマ味噌ダレ(自家製)。

inaka-wineryhills_20171010_01_inaka-life

 

季節は秋ですから、毎日収穫できるほどではなくなってきています。

そろそろ土に肥料入れて耕す時期が始まりそうです。

 

10月11日の田舎暮らし生活

 

本日の収穫物です。大量のインゲンと大量のトマト。

  • まずはいんげん豆。

20本以上ありますね。

ご近所の方から苗でいただいた十六ササゲも混じっています。

inaka-wineryhills_20171011_04_inaka-life

  • これはアマランサスの葉。

スーパーフードとして麦やひえなどの雑穀コーナーで実を販売しているのをみたことあるかと思います。

葉っぱはお浸しで食べれます。

こんなにいっぱい収穫されていますが、お浸しにすると驚くほどかさが小さくなります。

inaka-wineryhills_20171011_03_inaka-life

  • 他に獲ったものはトマト12個
  • ミニトマト40個前後
  • ピーマン(青唐辛子?)7個
  • ズッキーニ1個
  • ニンジン5本です。

inaka-wineryhills_20171011_02_inaka-life

そして夕食のメニュー。煮物が多めの和風献立。

  • 昨晩に引き続き、カロチンたっぷりな栗カボチャの煮物。
  • もろきゅう。
  • かまぼこと、本日収穫したミニトマトとズッキーニ。
  • アジのフライと、大根とニンジンの煮物。

inaka-wineryhills_20171011_01_inaka-life

 

10月27日の田舎暮らし生活

 

二地域居住なので、しばらくは都心で過ごし、再び戻ってきたときの現状。

台風が訪れた後だったので、どんな景色になってしまったのか不安でしたが・・・

ビニールハウスが倒れていなかったのでほっとします。

4000円程度で購入したビニールハウスですが、とてもコスパがいいです、これ。

今年のトマトの収穫はこのビニールハウスがあったからこそ成り立ったと言えますね。

 

inaka-wineryhills_20171027_02_inaka-life

ビニールハウスの前でビオランテみたいに広がっているのはアマランサスです。

実もいっぱいなっているので、枝が重そうです。

inaka-wineryhills_20171027_03_inaka-life

 

家の前のコキアは紅葉終了。

来年いっぱいコキアが芽を出すよう、そのまま冬の間も放置する予定だと思います。

 

inaka-wineryhills_20171027_01_inaka-life

 

10月28日の田舎暮らし生活

 

朝から曇りの天気。でも、家を留守にしていた時に育った野菜の収穫をします。

雨が今にも降りそうな中、収穫してくれました。

  • 大根とズッキーニ3本。

 

 

inaka-wineryhills_20171028_02_inaka-life

  • きゅうりが2本。1本はおばけキュウリですね。
  • いんげんが10本前後。
  • ミニトマトが16個。
  • はやとうりが1個
  • ゴーヤが8本。

そろそろゴーヤも大きくならないし、細いままだから生育時期としては限界の気温に近づいているのかもしれません。

夏の最盛期よりもズッキーニが良くできる気がする。

花が咲いて受粉してから3日程度で収穫出来るとはいえ、夏場よりも野菜の状態が良さそう。

暑すぎてもだめな野菜なのかな?他のも要因があるのかな?

inaka-wineryhills_20171028_01_inaka-life

 

寒い日の夕飯にはうってつけの大根の煮物とほうとう。

  • 寒かったので、さっそく収穫した大根を鶏肉の皮で煮ています。
  • 大根の葉っぱの方はシラスとの油いためにしました。
  • 収穫した落花生は炒らずにそのまま塩ゆでで食べれます。

量が少ないので、これはきっと電子レンジで加熱したのだと思います。

でも、茹でたとメールに書いてあるから、少量でも茹でたのかな?

  • ミートボール3個とほうとう風うどん。

ほうとうは山梨県の郷土料理です。

亡くなった祖母が山梨県身延地方出身だったので、我が家では寒くなるとほうとうをよく食べます。

味噌味でからだが温まりますからね。

 

 

 

inaka-wineryhills_20171028_03_inaka-life

 

10月29日の田舎暮らし生活

 

本日は収穫はなし。でも先日の収穫の品が満載の夕飯が完成。

  • 昨日の残りの大根の煮物に既製品のアジフライ。
  • きゅうりとズッキーニとハムとミニトマトのサラダ。

(ハム以外の材料はすべて我が家の無農薬野菜菜園の収穫物ですね。)

  • ジャガイモのホイル焼き。

ジャガイモの品種はシャドークイーンとメイクイーンのようですね。

GWに種芋を植えて、7月、8月、9月に渡って収穫してきたジャガイモ。

2017年の今年はじゃがいもを3か所に分散して植えたので、収穫時期をずらすこともできました。

あと、昨年収穫し忘れて畑に残ってしまった種芋から芽が出たのも1箇所あったから、全部で4か所から収穫したのかな。

まとめて畝を作って植えた2箇所はトマトやナスと離して植えたので、今回は畑にテントウムシダマシの被害は大きくなりませんでした。

でも、多少はテントウムシダマシ発生しましたけどね。

 

 

 

inaka-wineryhills_20171029_01_inaka-life

 

10月30日の田舎暮らし生活

 

収穫はナシ。先日の収穫した品を調理した、長期冷凍保存にも最適な献立。

  • きゅうりと大根、ニンジンの自家製漬物。
  • インゲンの炒め煮。

胡麻和えとかかつお節和えとかあると思うのですが、母は炒め煮が好きのようで、インゲンを収穫すると炒め煮作成確率が90%です。

冷凍保存して、肉じゃがに入れたり、野菜炒めに入れるとか、少しずつ使えばよいのにといつも思ってしまいますね。

  • ゴーヤの佃煮。

水分がなくなるまで鰹節と和えます。

ほろ苦い味が白いご飯にマッチします。

これも小分けにして冷凍にしておけば1年中食べることが出来ますね。

  • 既製品の唐揚げ。

 

inaka-wineryhills_20171030_01_inaka-life

 

10月31日の田舎暮らし生活

 

霜がおりた朝の収穫。昼間温かくても、そろそろ野菜の成長が鈍くなってきます。

この日は朝方冷え込んで、霜が降りていました。

昼間温かくなった時間に収穫。

  • ミニトマトを60前後。
  • トマトは30個前後。

 

inaka-wineryhills_20171031_01_inaka-life

 

  • 万願寺唐辛子が6個。
  • ズッキーニが1つ。
  • カボチャが3つ。

もう、かぼちゃの弦も枯れてしまったので収穫。

表面が白いかぼちゃは冬至まで持つといわれているカボチャ。

 

inaka-wineryhills_20171031_02_inaka-life

 

本日のおすすめは朝から煮込んだミネストローネスープ。

夏場と異なり、寒くなってくると朝から畑で活動することはできません。

その代わり家の中の掃除や時間のかかる煮込み系調理を行います。

収穫はしたけれども完熟して割れてしまったトマトを使って、ミネストローネを作りました。

夏場はミートソースを作ることが多かったのですが、冬場はやっぱりスープですよね。

  • 既製品のアジフライ
  • 先日作ったゴーヤの佃煮
  • アマランサスのお浸し
  • ハヤトウリの味噌漬け

ホント、アジフライ以外はすべて家庭菜園の収穫物。

ここまで食卓が豊かになると野菜づくりも楽しいですね。

inaka-wineryhills_20171031_03_inaka-life

 

 

 







ついに50回目!蕎麦道場の修行が終わりを迎える。イチから住~小諸編09~

イチから住ー小諸編ー

ついに50回目!蕎麦道場の修行が終わりを迎える。

 

2ヶ月半、約75日に渡る修行も『お代をいただける蕎麦』に到達。
あと、数回、安定した蕎麦を提供できるようになったらいいんじゃないという判を押していただいていました。

ほっとした表情を見せる鳥羽さんに視聴者としてみている自分は、そろそろ終わりなのか・・・と、ちょっと寂しい気がします。
今月は自分の目で八ヶ岳をみることは出来なかったので・・・
テレビ越しにみている八ヶ岳に癒されていたのですが、そろそろ限界ですね。
来月は田舎暮らし地に行くぞ!

 


 

 

こちらの記事もご一緒にどうぞ [st-card id=3285] [st-card id=3239] [st-card id=3237] [st-card id=3225] [st-card id=3241] [st-card id=3217] [st-card id=3215] [st-card id=3213]


 

スポンサードリンク



 

 

鳥羽さん、小諸の方々に自分の手打ち蕎麦を評価してもらう。

 

そばつゆはよく見るそばつゆとくるみそばつゆの2種類を用意。
その他、お集りいただいた方々がそれぞれ差し入れを持ってきていました。

『これくらいの蕎麦を出すお店はいくらでもある。』と、現在の蕎麦七の店長に言われて明るい声を出す鳥羽さん。
『これだけの技術を身につけてどうするの?』
そうですよね。
どうするんですかね。

母と自分の予想は舞台の差し入れにするのではないかなと思っていたりしています。
最近はホームパーティーで職人ケータリングもありますしね。
ハロウィンや忘年会で蕎麦ケータリングを頼んだら、鳥羽潤が来たという芸能人ドッキリ企画も楽しそうですね。
親方からもらったねじり鉢巻きをして蕎麦打ちをされていたら、蕎麦打ち技術に観客の視線はくぎ付けになり、誰が打っているのはわからないですからね。
趣味で打ちながら、うまくなっていたい。
素敵な言葉。
楽しく見せていただいたイチから住小諸編。
誰かに食べてもらっての蕎麦。
ひたむきに努力を行い、そして周りからの評価もしっかりいただく。
役者という信念があったからこそ、新たに身につけられた技術だったのではないかと自分は改めて感じました。
自分も目標に向かってひたむきに努力をしようと、誓うことができました。
ありがとう、鳥羽さん。

10月20日に台風の影響で高峰高原に雪が!

 

もうすでに2000メートル越えの山には雪が積もったようです。
携帯にも20ミリ以上の大雨警報が飛んできます。
まさかこんなに早く冬支度が必要になるとは!!

想定していなかった母は、コメリで買っておいた霜よけをハヤトウリにかけてくればよかったとか、西側のミニトマトにはビニールかけてきたから平気だろうとか、結構呟いていました。
不安な気持ちで昨日ご近所さんに電話をかけたら・・・
雨、降っていないよ。今日も霧で曇っている。

さすがに気温はさがってきているようですが、畑に大きく影響がでているわけではなかったようです。

 

 

 







簡単に作れる!くるみだれの作り方。イチから住~小諸編08~

イチから住ー小諸編ー

蕎麦から始まるイチから住小諸編

 

今回は手打ちそばの段取りが細かく放送されていました。
いままで、鳥羽潤さんが悩んでいた水回しやのしに関してピックアップされていたので、自分もそばうちの全体像がよくわかっていませんでした。

 

・水回し(蕎麦粉と水をなじませる)
・ねり(そばのこしを出す)
・へそだし(中の空気をぬくことが目的)
・のし(生地を均一に伸ばす)

 

調べればもっと細かい手順があるのかもしれません。
後日、詳しく調べてからご報告させていただきますね。

 

イチから住の前回の記事はこちら。
[st-card id=3215]

 


 

 

 

スポンサードリンク



 

くるみだれの作り方が放送されました。

移住76日目になったようです。
すでに自分が田舎暮らし地に通っている日数よりも多くなっています。
毎日八ヶ岳が目の前に広がる風景を眺めていらっしゃるのですね。
あぁ・・・自分も八ヶ岳を眺めに早く行きたい!

 

長野県はくるみの産地ですが、特にくるみが有名なのは隣接する東御市。
自分もよく訪れる道の駅、雷電くるみの里・・・この道の駅には9月から12月にかけてくるみが販売されています。

雷電くるみの里では、名物のくるみを使ったくるみソフトも食べられます。
[st-card id=3273 ] 連休においてはイベントも行われます。信州上田真田陣太鼓はドラマ仕立てで真田丸ファンは楽しめます。
[st-card id= 3353]

 

今回使われていたくるみは東鋼(とうこう)のようですね。

このくるみは生で食べても美味しいです。
しっかり乾燥させると、くるみ殻と殻の間に隙間が出来てきます。
そこまでいくと手で割れちゃうぐらいです。
味も甘味があって美味しいです。
輸入品で売られているくるみも美味しいですが、何よりも生くるみ独特の甘さが異なります。

売られているくるみの種類、じつはこんなくるみもあります。
[st-card id=1100 ] [st-card id=1094 ] [st-card id=820 ]

 

実際に、一家に1本植わっているような土地である東御市。
みなさんくるみが好きなので、スーパーで1キロ入っているくるみが常時販売されているのが現実です。
それだけ、くるみの摂取量も多いようですね。
ワインのつまみに食べる方も多いのかしら。
東御市はワイン特区でもありますからね。

小諸市の見学ができるワイナリー(予約不要)
[st-card id=321 ] 東御市のワイナリー(予約が必要なワイナリーもあります。)
[st-card id=3243 ]

 

くるみだれの作り方。

 

今回は生くるみを使用しています。
ちょうど収穫が始まった頃ですからね。

 
材料はくるみ、砂糖、そばつゆ。
使う道具はくるみを割る道具(くるみ割、金づちなど)、フライパン、まな板、包丁、すり鉢、すりこぎ。

 

まずはくるみを殻からとります。

くるみの殻剥きも販売されていますが、自分はゴム付の内装用ハンマーで割ることも多いです。
2回ぐらい叩けばだいたい割れます。
手を叩かないように注意が大事です。
2016-12-25_06-28-59
 

次はくるみの風味を出すために軽くフライパンで炒ります。

ちょっと表面に黒い焦げが出てくるまで炒ります。
このままつまみ食いしたくなります。

 

炒ったくるみをまな板にのせ、粗くみじん切りにします。

そのあと、すり鉢でさらに食べやすい大きさにするためくるみを擦ります。

 

そばつゆにします。

喉にも通りやすい大きさに擦りあがったくるみに、砂糖とそばつゆで味を調えます。

 

くるみだれを作っている鳥羽さん。
謙虚な姿の鳥羽さんなので、受け答えが段々職人のように見えてきます。

 

こたつでくるみそばを食べています。

 

そうなんです。
朝方と夜間は本当に冷えてきているのです、小諸付近。
小諸市は南北に細長いので、山の方に住んでいると夏場のみ毛布を掛けて寝る。
春、秋、冬は掛布団必須と話していました。
昼間の日差しは強いのですが、山から吹いてくる風も肌寒いです。

 

ドライブ程度だからと、都心部と同じ服装で出かけると肌寒くて車から出たくなくなるほどです。
必ず1枚、上着を持って出かけてください。

 

日が落ちてくると寒いですよ。
 

イチから住に関しての他の記事はこちら。

 

[st-card id=3285] [st-card id=3239] [st-card id=3237] [st-card id=3225] [st-card id=3241] [st-card id=3217] [st-card id=3215]  

 







小諸でもきのこがとれるんだ!天然きのこでそばを作る。イチから住~小諸編07~

イチから住ー小諸編ー

小諸移住者の鳥羽さんがアルバイトする蕎麦屋の賄い飯が披露。

 

こんかいはおしぼり蕎麦。

 

辛み大根のしぼり汁で食べる蕎麦。
え・・・
しぼり汁ですよ!
想定外のそばつゆ・・・
口の中が爽やかな辛みに包まれそうです。
個人的には、繊維質はどこに流用するのかが不思議です。
(大根おろしってダイエット食材だから、廃棄するならもらいに行きたいところです。)

 

しぼり汁って商品になるものなのか・・・
(個人的には檸檬汁のあぶりだし遊びしか頭に浮かばなかった・・・)
自分の知見が改めて狭いということが判明した9月24日の放送回でした。

 

イチから住の前回の記事はこちら。

 


 

 

 

スポンサードリンク



 

 

あたたかいきのこ蕎麦を作る回。

 

なんと、小諸でもキノコ狩りができるんですね。
地元の方がメインなのかもしれません。

 

調べてみたら、天狗温泉の浅間山荘で宿泊者向けに行っているイベントでありました。
昼間、キノコ狩りを行い、夕食に採れたてのきのこをBBQでいただくプランとのこと。
すでに田舎暮らし地があるので、小諸でのきのこ狩り体験は難しそうです。

 

ちなみにこんなきのこを収穫されていました。
販売しているのを見たことがないかも・・・

 

  • ハタケシメジ

シメジの中でも味がおいしいとのこと。

 

  • ハナイグチ

出汁との相性がよいそうです。

なめこみたいな色付きです。

 

鳥羽さんの顔よりも大きいキノコが盛りだくさん・・・
とはいえ、鳥羽さんの顔は小顔ですからね・・・

 

きのこを茹でるときは水はいれないそうです。

自分・・・入れていましたね。
きのこの水分が出てくるから必要ないそうです。
あぁ・・・今まできのこの美味しい水分を薄目にしていたんですね。
次回からは水分なしで茹でてみよう。

 

温かいそばなので、いつもよりも若干太目(気持ち太目程度。あまり太くなったようには見えませんね。)、茹で時間は30秒ほど少ない2分ほど。
やはり、ざるそばとは異なりますね。

 

キノコと言えば松茸でしょう!

 

実は小諸より先、新潟方面に40分も車で移動すれば上田市。
上田市といえば・・・松茸の産地なのです。
旅館のランチでも松茸料理は提供してもらえます。
(要予約)
松茸のフルコースだと、価格は15,000円となっていますが、松茸ご飯程度でもよいと感じられる方は3,000円からのコースでもよいかと思います。
一品料理で松茸の土瓶蒸しを注文するのもいいですよね。

 

松茸の提供される時期は9月10日からが多いです。
旅館で食べるとお金がかかるし・・・お土産として買って帰って、帰宅してから食べたいという方には、この道の駅がおススメです。

 

年中キノコがおいてあります。

本当のシーズンオフでも、えのきだけが3個パックで販売されています。
首都圏と価格を比較すると・・・えのきだけ安いです。
えのきだけは大量に買っても、そのままカットして冷凍庫で保存可能なのでとても重宝します。
ほかにも原木しいたけやあまりみかけないはなびらたけというきのこもあります。
このはなびらたけは肉厚で、バターソテーにして食べると美味しいです。

%e3%82%b8%e3%83%93%e3%82%a8%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%93inaka-wineryhills_201611_05
(右端のがはなびらたけ)
自分は鹿肉のジビエと共にいただきました。

もちろん、上田市のあさつゆ野菜直売所ですから、松茸も秋のこの時期には販売しています。
たまにカナダ産も一緒に陳列されていますが、見たこともない大きさなのでインスタ映えします。

 

こちらの道の駅にはしいたけが絶対においてあると母は昨年話していました。

大きいサイズのしいたけではなく、小さいサイズのしいたけがあるので、煮物にするには一口サイズでちょうどよいと話していました。

道の駅は雷電くるみの里です。

そろそろ・・・くるみの収穫時期にもなりますしね。
今年は昨年よりもくるみがたくさんなっている気がします。
10月の連休・・・どこにドライブしようかと考えている方は、長野県上田方面へのドライブがおススメです。

 

もう寒くなってきているの?

先日、こちら首都圏のニュースでも流れましたが、上田では霜が降りてきたようです。
昨年よりも寒気が早く訪れているのかもしれません。

 

実は9月の連休に田舎暮らし地に訪れた時に、到着した日は寒すぎて暖房器具に手を伸ばしました。

 

巨峰祭りが開催された東御市中央公園の樹木の葉(たぶん桜)も、少し色づいていた9月中旬。
11月の連休に塩田平訪れたらもう紅葉終了ですかね・・・
でも、上田城はきれいかもしれませんが・・・

 

inaka-wineryhills_20170916_grapefestival02

 

紅葉状態が気になりますね。

 

2016年の紅葉の記事はこちら。

 

 

イチから住に関しての他の記事はこちら。

シリーズがもう、7回になっていますね。

鳥羽さんの蕎麦修行も40回を超えました。

50回目も目前・・・蕎麦屋開業・・・されるのでしょうか?
我が家の無農薬野菜の収穫に関しての記事もため込んでいるので・・・
どんどん記事を更新しなくてはならないのに・・・

つい、食べる方に夢中で記事を書き忘れていますね。
無農薬野菜、本当においしいですよ!