月別:2017年01月

記事一覧

保険について知識を深めておきたいヒトが読むべきおすすめ本

田舎暮らしはどこで始める? - 我が家の田舎暮らし計画

保険について知識を深めておきたいヒトが読むべきおすすめ本

 

 

将来田舎暮らしをしたいと考えているが、まだ子育て途中・・・
将来的にいくら貯金すればいいのだろうと悩むことはありませんか。

 

 

また、子供のことだけに関心を持っていると、自分たちの老後にいくら必要なのか・・・
その貯金に関しても考えなくてはなりません。
相続税対策も必要ですね。
最近、相続税対策の為、孫と養子縁組をするのも最高裁で有効と判決が出ましたし。

 

 

 

または、もうリタイアして田舎暮らしを楽しんでいるけれど、今、契約している医療保険が高い。
本当はもう少し安い保険に契約変更したい。
そう考えている方はいませんか。

 

 

こちらの記事もご一緒にどうぞ




 

 

 

スポンサードリンク



 

無料保険窓口相談を利用する機会と共に、一緒に保険に関して学び、現在かけている保険の見直しを考え、節約できるところは節約することをお勧めします。

 

 

保険相談をする時に、また、保険相談をする前に、一緒の読んでみてもいいのではないかと思う本を提案しますね。

 

 

書けばわかる! わが家にピッタリな保険の選び方

書けばわかる!わが家にピッタリな保険の選び方 [ 末永 健 ]
by カエレバ

 

家庭的なファイナンシャルプランナーが地に足が付いた提案と、保険解説を行っています。
保険の基礎についても書かれているので、保険ってなんだろうと疑問になっている点も分かりやすくなっています。
保険窓口相談に行く前に、実際、自分が契約している保険の内容を書き出し、『こちらは解約しよう、こちらは違う保険と契約しよう』と、全体の節約にもつながります。

 

 

子どもを持ったら知っておきたいお金の話

子どもを持ったら知っておきたいお金の話 [ 飯村久美 ]
by カエレバ

 

 

気が付くとお財布の中がからっぽになっているような方にはとても分かりやすい本です。
毎日の家計についてのやりくりの仕方が書いてあり、読み進めるうちに将来の夢や教育費についてどれだけ貯蓄していけばよいのかが書かれています。
しっかり毎月貯蓄をしていても、なんとなく不安になってしまった人には安心感を与え、更なる工夫提案によって、貯蓄体質になれる本です。
また、相続税、遺族年金や住宅ローンの団体信用保険についても書かれているので、子供に手がかからなくなったご家庭においても為になる一冊です。

 

 

よい保険・悪い保険 2016年版 (別冊宝島 2417)

【中古】 よい保険・悪い保険(2016年版) ジャンル別ベスト&ワースト激辛口!実名ランキング! 別冊宝島2417/ビジネス・経済(その他) 【中古】afb
by カエレバ

 

宝島社から毎年出ている比較本シリーズの中のひとつです。
保険の窓口で勧められた保険が本当に自分の為になるのか・・・確かに疑ってしまいますよね。
契約しなくてはならない保険料の目安が書いてあるのでわかりやすいです。
保証内容の解説もついているので、複数の保険会社を比較する時に、自ら表を作ってしまう方は、一度この本に目を通してからにしたほうがよいと思います。

 

 

相続税対策は親子で話し合ってもよい内容だと個人的には思っています。

相続争いをなるべく回避するためにも、家族でよく話し合うことが必要不可欠ですね。

 







【悲報】長野のワイナリーからの電話が来た!楽しみにしていたワインが・・・

2017年無農薬農業。長野で田舎暮らし、二地域居住中。

【悲報】長野のワイナリーからの電話が来た!楽しみにしていたワインが・・・

 

 

先日クリスマスに行った時に長野のマンズワインのワイナリーに龍眼が発売になったら知らせてほしいとお願いをしていました。

 

マンズワインで購入した龍眼の記事はコチラ

マンズワイン小諸ワイナリー工場見学

 

こちらの記事もご一緒にどうぞ





 

 

スポンサードリンク



 

アサイチにかかってきた電話。悲報ではあったけれど、また買いに行きます!

 

 

実は今年は龍眼の生産がないという話でした・・・

 

 

 

いやぁ・・・

正直言ってがっかりです。

 

 

白ワインの一緒瓶売りで価格も手ごろなんです。
味は辛口になるのかな?
純米吟醸酒の上善水如(日本酒)が好きなヒトはこの龍眼も多分好きです。
後味がすっきりしていて、甘くもなく、アルコールって感じの独特の風味が強くない。
フルーティな後味が残るんですね。

 

 

思わず、『一升瓶売りではなく、小さな瓶での販売になるんですか?』と聞いてしまいました。
だって、ここだけでしか売っていないんです。

小諸ワイナリーのオリジナルで流通がほとんどしていないんじゃないかな?

 

 

多分、ワインの原料となるぶどうは全て長野産を使用しているだと思われる。

価格が安いので日常的なテーブルワインとしても楽しめるのですが・・・
あぁ・・・

がっかり・・・

 

 

 

同じテーブルワインで善光寺白ワインを電話口で勧められました。
何回か善光寺白ワインは何回か試飲しています。
同じ辛口ですが、後味が実は好きではない・・・

 

 

ワイン作りは天候に左右されるとは聞いていましたが・・・
そういえば、思い出した。
東御市のぶどう祭りに行っても、2015年の昨年に比べて2016年はぶどう高かったらしいしね。
ぶどう自体は甘くておいしかったけれど、生産量としても少なかったのかな。
まさか、こんなこともあるとは予想もつかず。

 

%e3%83%8c%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%bcinaka-wineryhills_201612_24

 

仕方ないので、また新しいワインを探しに小諸のマンズワインに行こう!
(多分、まだ白ワインのヌーボーが残っていたら、それを買うと思う)

 

クリスマスに小諸ワイナリーに行った記事

クリスマスにマンズワインを購入。

 

 

もしくは玉村ワイナリーに行ってみるか・・・
まだ行っていないので。
玉村ワイナリー(ヴィラデストガーデン)の記事

ワイン繋がりで教えてもらう~ヴィラデストガーデンのワインも美味しいよ~

 

 







12月25日の朝はクリスマス料理ではなく納豆ごはん!

2016年無農薬農業。長野で田舎暮らし、二地域居住中。

12月25日の朝はクリスマス料理ではなく納豆ごはん!

 

 

いやぁ・・・本場のアメリカだと、パンケーキと、ちょっと豪華なデザートやシロップが出てくるのではないですかね?
こういうクリスマスの日って。

 

こちらの記事もご一緒にどうぞ





 

 

スポンサードリンク



 

完全に『和』な朝ごはん。(でも、ちょっと豪華)

 

 

昨日に引き続き、シイタケのバターしょうゆ煮がでてきます。
野菜たっぷりのけんちん汁に、母がいただいた鹿児島のさつま揚げ。
さつま揚げ・・・鹿児島のは、甘くて、厚くて本当におやつがわりに食べられます。
首都圏で売られている安くて薄いさつまあげの2倍の厚さはありますよね。

 

納豆朝ごはんinaka-wineryhills_201612_25

 

それに納豆(笑)

 

 

首都圏では小売店の販売シェアの関係上、あるい、一定のメーカーの商品が売られていることが多いです。
でも、田舎暮らし地では首都圏であまり売られていないような大きな大豆の納豆があったり、黒豆があったり・・・
単に納豆なのですが、蓋を開ける楽しみがありますね。

 

 

 

今日はどんな納豆なのかな?







残った牡蠣はカキフライに。冷凍のカキフライよりも大きい!

2016年無農薬農業。長野で田舎暮らし、二地域居住中。

残った牡蠣はカキフライに。冷凍のカキフライよりも大きい!

 

 

昨晩、ホットプレートでたくさん焼き牡蠣を食べました。
お腹がいっぱいになったので、翌日の夕飯は、牡蠣殻から外した牡蠣をカキフライにすることになりました。

 

今回使ったふるさと納税の会社はこちら
陸前高田市の広田湾の殻付き牡蠣です!
>>ふるさと納税サイト「ふるなび」<<  

こちらの記事もご一緒にどうぞ




 

 

スポンサードリンク



 

カキフライだけではありません!一緒に野菜もてんぷらにします!

 

カブと生ハムのサラダinaka-wineryhills_201612_25

 

先ずは、生ハムとカブのサラダ。
彩がきれいです。
生ハムのしょっぱさが効いているので、ドレッシングもかけずに生でカブが食べれます。
カブって、収穫したばかりですととても甘いです。
水分も多く含んでいてみずみずしいです。

 

 

首都圏でもカブを生でいただくことがありますが、やはり少し収穫してから日にちが経っているのでピリッとした苦さが発生していますよね。
そのピリッという辛さがまったく感じないので、辛さが苦手な方には収穫したてのカブを食べることはおススメです。

 

 

カブのはのおひたしinaka-wineryhills_201612_25

 

これはかぶの葉っぱのおひたしです。
ちょっとでも箸休め食べものがあるとありがたいです。

 

 

てんぷら。
豪華です。

 

野菜のてんぷらinaka-wineryhills_201612_25

 

ふきのとう、たまねぎ、かぼちゃ、なす、しいたけです。
揚げたてのてんぷらが好きな母はひとりでも自分でてんぷらを揚げます。

 

野菜のてんぷらアップinaka-wineryhills_201612_25
都心部ではてんぷらをあげるのは油の飛び跳ね後の掃除、揚げ油の処理、てんぷらをあげる手間など・・・
どちらかというと、惣菜コーナーに頼ってしまいますよね。
田舎暮らし地でも惣菜コーナーは充実しているのですが、本人によりこだわりでてんぷらを揚げることが多いです。

 

陸前高田市牡蠣カキフライinaka-wineryhills_201612_25

 

そして最後にカキフライ!
スーパーで売っている加熱用の牡蠣とはカキフライのおおきさも違いますね!
とてもひとくちでは食べれませんでした!

 

 

味も軽く塩味が効いているので、ソースもかけずにパクパクいただきました。
陸前高田市の牡蠣、美味しいですね!

 

 

日付指定郵送も可能だし、また次回リピートしたいです。