春が芽吹く。2017年田舎暮らし地に到来する春の花。

田舎暮らしはどこで始める? - 我が家の田舎暮らし計画
春が芽吹く。2017年田舎暮らし地に到来する春の花。

春が芽吹く。2017年田舎暮らし地に到来する春の花。

 




 

昨年2016年はこの時期の記録があまりなかったので、いつ頃春が来たのか比較するものもないです。

母から聞いた話を記録として記してみますね。

 

こちらの記事もご一緒にどうぞ

 




 

2016年春の記憶

 

1日目
畑として使う土地に肥料をまかなくてはならないので、田舎暮らし地を購入した不動産屋に相談し、耕作機械で耕してもらう。

多くの石が出てきたので、それらを排除する作業を行う。

 

 

 

2日目
石灰と肥料を撒く。

 

 

 

 

3日目
本当は石灰と肥料を撒いた後、1週間置いて、肥料が土にしみ込んでから苗を植えなくてはならないが、首都圏に戻らなくてはならない用があったため、玉ねぎを植えた。

 

何が田舎暮らし地の畑に咲いていてのか・・・全然わかりませんね。

 

スポンサードリンク



 

2017年春、畑ではこのような花が咲いていました。

 

inaka-winary-201703spring03

これはスミレですね。

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、3色になっています。

上から紫色、白色、黄色です。

 

 

 

inaka-winary-201703spring02

小さな細い青い花はオオイヌノフグリだと思います。

小さい頃の記憶ではもう少し花が大きかった気がするのですが、品種が違うのかしら。



 

inaka-winary-201703spring06

これは何ですかね。

葉っぱに毛が生えています。

どんな花が咲くのか楽しみですが、室内で咲くような花ではないことは確かです。

 

 

 

inaka-winary-201703spring01

これはつくしです。

土を耕している時に発見しました。

まだ、つくしも先が小さいですね。

土の表面から3センチほど下ではまだ、このぐらいの大きさなんですね。

 

 

つくしについてこんな記事もありますよ⇒つくしの植え付け・収穫について

 

 

inaka-winary-201703spring04

ちなみに、土の表面に出てくるとこんなに大きくなります。

・・・どこにあるかわかりませんよね。

この時季のつくしは、まだ、頭の部分の胞子が膨らんでいないので、土に同化して探しにくいのです。

 

 

inaka-winary-201703spring05

丸く囲んでみました。

ここにつくしがいました。

 

 

inaka-winary-201703spring07

近くを探してみるとここにもつくしが・・・

つくしは根でつながっているので群生しやすいです。

抜いても抜いても生えてきます。

 

 

まだ、桜が咲いて、景色が桜色になる春満開と言えるような景色ではありませんが、小さく春が芽吹きだしました。

 

昨年2016年の失敗と挑戦、試作を踏まえ、2017年も実りある収穫の日々を楽しみたいですね。

 

 

 

 







関連記事
コメント
コメント投稿

お名前

サイトアドレス

コメント

トラックバック
トラックバックURL