最後は仕事と介護と介護のタンゴだった母の1年

田舎暮らしはどこで始める? - 我が家の田舎暮らし計画
最後は仕事と介護と介護のタンゴだった母の1年

最後は仕事と介護と介護のタンゴだった母の1年

 

海と山に囲まれた地域で痴呆寝たきりとなった祖母。

 

 

他にも兄弟がいるにもかかわらず、
一番遠くに住んでいた母が引き取った。
引き取ったといっても、
近所の新設された特別老人ホームにいれることにした。
特別老人ホームに入っていても、
毎日夕飯時刻頃通い、
仕事の都合上夕方いけなくなると、
昼間声をかけに行った。

 

こちらの記事もご一緒にどうぞ




 

スポンサードリンク



 

寝たきりにされていた精神病院。

 

ヘッドレスト付の車いすに乗せるようになった、
特別老人ホーム。

 

毎日声をかけること、手を触ることで痴呆の症状は5年をかけてよくなっていく。

 

elly_869mokuseinoisu12200640-thumb-autox1600-18817
特別老人ホームに入所して2年後、
よくみかける車いすに変更購入。
理由は首がすわるようになったから。
特別老人ホームに入所して5年後、
手のひらにハンドクリームを出すと、
手をこすりあわせて伸ばし、顔につけられるようになった。

 

毎日通うことで、
母はここまで寝たきりの祖母を元に戻した。
そして、5年かけて徐々に出来なくなっていった。

 

pak95_sunadokei20141018123010_tp_v

 

その間、世間でいう定年を迎えた母。
契約社員として65才まで働き続けた。

 

新たに社員として働くことを拒否した。

 

 

なぜならば、愛犬も介護も必要な時期を迎えていた。

 

 

ぐいぐい引っ張る散歩嗜好も、初老の30分コースから20分コースへ・・・
このころにはぐいぐい引っ張るのも始めの5分。
終わりの10分は人間よりも歩くのが遅くなった。

 

階段で登るときに足を滑らせることが多くなり、
大好きな車に乗ることを遠慮するようになった。

後ろ足の踏ん張りがきかなくなった。
自分で車に飛び乗ることが出来なくなった。
そして、登ろうとしたら落ちた。
愛犬自身もそれが決定打で車に乗ることを辞めてしまった。

 

最後の一ヶ月は水も飲まなかった。
多分、多臓器不全。
口から血を流しながら、亡くなった。

 

そしてその一週間後・・・
特別老人ホームにいた祖母もまた、病死した。
入所してから発覚した大動脈瘤が破裂した。
破裂したら30分ぐらいしかもたないと言われていたが、
120分頑張ってくれた。
96歳の大往生。
警報が出る大雨だったのは、
それでも何か悔いが残っていたのかもしれない。

 

お通夜の時間も、火葬場の時間も・・・
どしゃぶりの雨。

 

pp_amenooudanhodou-thumb-autox1600-12734

 

 

海と山に囲まれた地域から自宅に戻る時の景色。
あれは一生忘れられない。
午後4時なのに大量の霧・・・
そこに夕日がさし、光は乱反射する。
黄金色の空間。

初めてみた情景だった。

 

 

 

 







関連記事
コメント
コメント投稿

お名前

サイトアドレス

コメント

トラックバック
トラックバックURL