田舎暮らし、二地域居住を夢見ていたのが、10年越しに実現しました。現在、信州長野で家庭菜園で無農薬野菜の収穫と、長野観光を楽しんでいます。

ワイナリーの見える丘で田舎暮らし〜10年越しの夢叶えました〜

我が家の田舎暮らし計画

50歳から探す仕事モチベーションに田舎暮らしという移住計画を選択肢を入れてみませんか?

更新日:

50歳から探す仕事モチベーションに田舎暮らしという移住計画を選択肢を入れてみませんか?

 




 

50歳を過ぎるとだんだん子供の教育費から解放されてきます。
支える家族の為の仕事というよりも、慌ただしく過ぎて行った自分の人生を少しずつ振り返る余裕が出てきます。
日々の季節の変化を見送ってきた生活から、もっと肌で自然を感じられる生活を郊外で始めたり、風習も異なる海外において生活を始めようとしたり、大きな挑戦を行うのもこの時期だからできることです。
平均寿命から考えるとまだ20年はあるこの時期、資金面においての長期計画を再度検討を始めるのもこの時期ですね。
定年になってからゆっくり考えるのもひとつの手段ですが、実際に収入がある50代から始めるのが色々な生活への可能性を考えられるので検討のしがいがあるというものです。

 

 

 

こちらの記事もご一緒にどうぞ

 




 

 

スポンサードリンク



 

田舎暮らしを計画してみよう。

 

 

移住する目的を明らかにして、候補地を検討してみましょう。
まずはどこで田舎暮らしをしたいですか?

 

%e6%b5%85%e9%96%93%e5%b1%b1inaka-wineryhills_201612_06
大きくは海釣りやサーフィンができる海辺派かキャンプやハイキングができる高原派に分けられます。
現在の生活も保ちながら、田舎暮らしも楽しみたいという欲張りな方には二地域居住がおすすめです。
現在の住まいから3時間前後の距離にセカンドハウスを設定すると週末に田舎暮らしをすることも可能となります。

 

 

 

いきなり急に田舎暮らしは不安でできない。

 

 

どんな土地かもわからずに将来の余生となる土地や建物を購入することなどできない。
それはもっともな意見です。
近年は一部の自治体ではお試し体験の宿泊施設を用意しています。

 

inaka-wineryhills_201606_28
シーズンにおいては農業体験もでき、農業を行うか、家庭菜園を行うか自分の体力の見極めもできます。
また、この体験を通して、地域住民の人柄にも触れることができます。

 

 

個人的にすすめるのはオールシーズン体験できるプランです。

実際住んでみると分かるのですが、同じ市内でも山の方と市の中心部で標高差が100メートルもあると、冬場の降雪が全然違います。
標高の低いところでは雨という予想も標高の高いところでは雪となり、さらに路面凍結もあり、車道がアイスバーンになってしまい運転が困難というケースのあります。

 

 

自治体のお試し宿泊体験ができるかどうかを確かめる時に、一緒に調べておきたいのが上下水道代金などのランニング費。

地域差が大きいので必ず確認しておいた方がよいと思います。

 

 




 

実際に宿泊してみましょう。

 

 

どうしても観光地に視点を移しがちですが、実際に住むとなると近所に病院があるのか、日用品や食料を購入する商業施設があるのかがとても大切です。
住んでから近くに町医者があるかをご近所に聞くのもひとつの手段ですが、少なくとも総合病院までタクシーで何分ぐらいでいけるのかだけでも調べておきましょう。
また、大雪や台風で外出が出来ない時、どのように過ごすことになるのか考えておくことも大事です。

 

 

 

 







-我が家の田舎暮らし計画

Copyright© ワイナリーの見える丘で田舎暮らし〜10年越しの夢叶えました〜 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.