胡桃の木も葉が出てきました。田舎暮らし地の周りは春がいっぱいです。

2017年無農薬農業。長野で田舎暮らし、二地域居住中。
胡桃の木も葉が出てきました。田舎暮らし地の周りは春がいっぱいです。

胡桃の木も葉が出てきました。田舎暮らし地の周りは春がいっぱいです。

 

田舎暮らしをしていても買い物には出かけます。
今日、訪れたのは東御市内のスーパー。
白っぽい木の幹の木がたくさん植わっています。
この木・・・くるみなんですよね。
東御市に入ると、胡桃の木が多く目につくようになります。
道の駅も『雷電くるみの里』ですしね。

 

そんな胡桃にも葉が出てきました。
新緑ですね。

 

inaka-wineryhills_20170503-kurumi01

 

 

スポンサードリンク



 

東御市に胡桃が多いのは訳がある。

 

東御市は大正時代に各住戸に胡桃の木を2本ずつ、自治体が配布した街です。
市内に胡桃の木がたくさんはえているのはそんな理由からです。

 

古くからの民家には胡桃の木があるので、地元民ということが直ぐにわかります。

 

 

inaka-wineryhills_20170503-kurumi02

 

そんな地域制からか、胡桃を使った食べ物が多いです。
恵方巻に胡桃をいれたり、お土産にも胡桃を使ったお菓子があります。
胡桃入りのソフトクリームもあります。

 

胡桃、愛されていますね。
自分も美味しいのでついつい空腹時に食べてしまいますね。

 

 







関連記事