ふきのとう収穫最盛期!ご近所さんからいただきました!

2017年無農薬農業。長野で田舎暮らし、二地域居住中。
ふきのとう収穫最盛期!ご近所さんからいただきました!

ふきのとう収穫最盛期!ご近所さんからいただきました!

 




 

ふきのとう頂きました!
ご近所の方からいただいたそうです。

 

 

もらったふきのとうinaka-wineryhills_201702_22

 

前日21日に自宅のを収穫し、22日もいただいたのがふきのとう。
まさに収穫の最盛期なのですね。
まだ、首都圏にはあまり出回っていないのですけれどね。
どうやら、毎年出てくるふきのとうなので、食べきれなかったらご近所におすそわけしているようです。
旬のものはやはり旬の時期に食べたいですよね。
また、採りたてならば苦味も強くはなく、花の部分も柔らかいので、食べやすいというのもふきのとうの特徴です。

 

こちらの記事もご一緒にどうぞ

 




 

 

スポンサードリンク



 

ご近所からいただいたということで、今年もふき味噌が作れそうです。

 

 

やはり長く食べることを目的とするならば、ふきみそにして食べることがよいでしょう。
天ぷらでも食べることはできますが、大量にもらったので、毎日天ぷらでふきのとうを食べるのは飽きます。
ふきみそならば、朝ごはんのお供として少しずつ食べれますし、ふろふき大根を作り、いつもは挽肉あんかけをかけるところを大人味でふきみそをつけて食べるのも美味しいです。
同じように味噌田楽にしてふきみそをつけるのもおいしいですよね。

 



 

青春の甘酸っぱさと同じ?ふきのとうの苦味が美味しいと感じる年齢になる。

 

 

ふきと同じように苦味を楽しむ食べ物なので、R25にはちょっとハードルが高い食べ物かもしれません。
自分もR25時代には美味しいと感じることはありませんでした。
こんな食べ物の何がいいんだろう・・・そう思っていましたから。
年を重ねると共に、苦いものも美味しく感じるのですね。
それだけ、人生においても経験値が上がってきたと言う事なのでしょうかね?

 

 

 

 

 

 







関連記事
コメント
コメント投稿

お名前

サイトアドレス

コメント

トラックバック
トラックバックURL